グルジェフをめぐっては多くの誤った情報が一般に広まっており、そこに見られる特徴は、グルジェフの生涯の軌跡、およびグルジェフ自身の著作・音楽・舞踏、グルジェフ自身が語ったこと、したことにほとんど目を向けることなく、中途でグルジェフから離反した後にグルジェフの目の届かないところで活動した、いわゆる「第四の道」の教師たちの著作や言辞を主要な材料として、グルジェフが論じられることである。そんななかで、ウスペンスキー自身の解釈と理論や巧妙な自己弁護を離れて読むことが初学者にとってとくに難しい『奇跡を求めて』や、1920年台の終わりごろにグルジェフと決別し、それからずっとグルジェフに会おうとしなかったトーマス・ド・ハートマンがグルジェフの死後に妻とともに執筆し、「グルジェフはこのようにふるまったが彼の真意は別のところにあり、われわれがどれだけ自分の意志を貫けるか試そうとしていたのだ」という、あくまで自分を正当化する論理をもってグルジェフの「不可解性」を定説化し、批評家によるグルジェフ解釈に多大な悪影響を及ぼした回想録(邦訳『グルジェフとともに』)などが、グルジェフ自身の著作や講義の記録に代わって主要な典拠としての位置づけを与えられてきた。

これには歴史的な背景がある。第一の理由として、そもそものところ、一般に「第四の道」(the Fourth Way)、「ワーク」(the Work)などの名のもとに英米で普及するに至った「教え」もしくは精神運動のようなものは、グルジェフから多くのものを借用しながらも、人物としてのグルジェフならびにグルジェフの1924年以降の活動(著作・音楽・舞踏やグループワークを基調とした内的課題やエクササイズへの取り組みなどを含む)の否定もしくは軽視のうえに成り立っている。その背景として、1924年のグルジェフの自動車事故の後、それに先立ってグルジェフから離反していたウスペンスキーを筆頭に、かつてグルジェフから学んだことのある英米の知識人らが、グルジェフから離れたところで生徒を集めるようになった。彼らは、グルジェフに対抗しようとするうえで、かつてのグルジェフは正しかったが後に道を誤った、自動車事故のせいで精神の均衡を失ったらしいという悪質な噂を広めることまでした。そしてそんな立場をととった以上、晩年にかけてのグルジェフの活動をほぼ全面的に否定せざるをえなかったのである。

彼らが好んで使うようになった「第四の道」という言葉は、もともとグルジェフが知性・感情・身体の三者を包括的に扱う道という意味で用いたものだったが、英米における「第四の道」は、彼らにとっては(少なくともグルジェフが生きている間は)グルジェフの名前を持ち出さないための方便という性格が強く、それは最初の最初から知に偏った道、それも借り物の知識に依存した道として、グルジェフ自身の方向性への反発を背景にウスペンスキー、モーリス・ニコルといった人物の影響のもとで広まったものである。

その価値をめぐる判断は個人に任せるが、彼らはグルジェフの理論を借用しながらも、グルジェフの多くの面を理解せず、グルジェフもまた彼らの活動を評価していなかった、むしろその有害性を指摘していたということは知っておくべきである。したがって「グルジェフ・ウスペンスキー思想」といった言い方はそれ自体が誤解であり、ウスペンスキーはグルジェフの「高弟」だったというような記述も、無知のたまものである。「ウスペンスキーはグルジェフに対して、プラトンがソクラテスに対して果たしたと同じ役割を果たした」(コリン・ウィルソン)というのもおかしい。P・D・ウスペンスキーは『奇跡を求めて』の原稿を発表しないまま世を去った。その出版をもしかしたら故人の意思に反して決めたのは、夫の反発をよそにグルジェフへの信頼を維持し、グルジェフとの接触を保っていたウスペンスキー夫人である。

ウスペンスキー自身、自分がグルジェフの「高弟」だったなどと信じていたとは思えない。「私は彼の手から『システム』を救うためにグルジェフを離れた」とウスペンスキーは言ったというが、晩年において彼は「システム」なるものの破綻を認めるに至った。彼の死後、ウスペンスキーの元生徒たちの一部は、ウスペンスキー夫人の助言に従って、グルジェフの元に向かったが、ウスペンスキーの「高弟」だった者たちは、ウスペンスキーが見切りをつけたウスペンスキー流の「第四の道」もしくは「システム」の存続をはかり、その中心となったのが、「システムはかくのごとく教える」、「人は常に自己を観察しなければならぬ」、「否定的感情を表明する権利をわれわれは持たない」などといった言明をもって「ワーク」を教条化したモーリス・ニコルの一派である。

また、自身の行き詰まりを自覚した後のウスペンスキーは、そうしようと思えばグルジェフのもとに戻ることもできてはずである。グルジェフはウスペンスキーとその生徒たちに対して門戸を閉ざしていたわけではなく、ウスペンスキー夫人が病気になったときには見舞いに行ってもよいか打診するなど、再会の機会を与えていたが、ウスペンスキーはこれを拒み、むしろグルジェフに対抗して「秘教的な伝統」に接触するということに向けての夢想をつのらせた。隠された「第四の道」のスクールがあって、そうしたスクールとの時空を越えての接触もありうるという考えは、ウスペンスキーのもうひとりの「高弟」であるスピリチャル作家、ロドニー・コリンをとくに感化し、この場合、実在の人物から学ぶよりも時空を越えたところにある「スクール」との「時空を越えて」の接触を求めるという選択は、最終的に彼をして、ペルーのピラミッドの頂上からの転落死とう結末へと導いた。

彼らにとってはもっぱら架空のものにすぎない「秘境的な伝統」に関する信じ込みは、今に至るまで「第四の道」の諸団体およびそこから影響を受けた「エニアグラム」がらみの諸団体に最悪のケースではカルトを思わせる空想的な性格を与えている。いわゆる「九つの性格」のエニアグラムの理論をオスカー・イチャーソから拝借した理論家たちのなかには、彼らの理論はこうした「秘境的な伝統」を通じての太古からの伝承の一部であると主張する向きが多いが、それもこのの伝説めいたものの受け売り、あるいは「自分はグルジェフに教えを授けた師たちの関係者である」という話でJ・G・ベネットをペテンにかけ、もともと「ワーク」のために用意された広大な敷地と莫大なカネを寄付として受け取った後に姿をくらましたことで有名な偽スーフィーの詐欺師、イドリス・シャーからの受け売りである。

以上のようなことの背景となる歴史的な経緯、およびグルジェフ自身がこれについて書き残したことについては、当サイトの「生涯に関する叙述」を参照していただきたい。以上のようなことのひとつの結果として、「自分を相手にしての取り組み」(work on oneself)というグルジェフ自身の言い方に代わって、大文字で始まる「ワーク」(the Work)という言葉が一種の権威を帯びて使われるようになり、ひいては「グルジェフ・ワークとは何か?」といったおかしな議論が始まるまでにまでなったのであろう。さらにwork on oneselfを「自己修練」とする邦訳も罪深い。「自分を相手にしての取り組み」と「自己修練」の間では、自分への対し方が逆転してはいないか。また、グルジェフといえば「自己想起」を教えた人物であるという固定観念が広まっているが、グルジェフはウスペンスキー流の「自己想起」に対して否定的であり、フランスの学院におけるグルジェフの講義の記録を順番通りに読むと、ウスペンスキーの生徒たちを相手にこのあたりの誤解を正すためにグルジェフがどのように苦労したか、その姿が浮き彫りになる。不可解なことに、英語で出版されたグルジェフの講義録では、講義の順番がシャッフルされているためにこれがうかがいにくい。これはもしかしたら、以下に言及する政治的事情を背景にした情報操作ではないかと疑われる。

また、日本特有の誤訳または拙訳をめぐる問題について触れておくと、浅井雅志訳『軌跡を求めて』は上記のような 単語れべるでの問題はありながらもおおむね翻訳の質は高いが、同じ翻訳者による『べるぜバブ』は、翻訳の誤りと拙さの点で、とても読めたものではない。調子の狂った「ですます体」で訳された第一章(まえがき)に続き、第二章に始まる物語部分の最初の文章からして数字の転機を誤っている。基本的に、これは非常に難解な内容なので、ちんぷんかんぷんの訳文でも仕方がないという姿勢をもって、ほどんど中身の理解を欠いたまま、とりあえず日本語にしたものとしか見えない。世界の創造にかかわるトップダウンの流れをあらわすinvolutionを「縮退」と訳すなど、基本的なところで理解を欠いている。同じ翻訳者によるジェームス・ムア『グルジェフ伝』の邦訳もひどい。グルジェフの話す英語は文法的にブロークンなものではあるが、それを「わたしグルジェフあるよ」風の言い回しで訳すというのは、あまりにもセンスに欠けたことである。さらには、大衆や弟子たちからの誤解や理不尽な批判を感受する姿勢を意味する、the way of blameという言い回しを、その本来の意味の正反対に受け取って、弟子を責めまくる道と解釈、結果として邦訳には意味の通らない理由をもってグルジェフを避難するくだりがある。いわゆる「第四の道」の支持者の多くに見られるように、グルジェフに対する先入観、ほとんど反感のようものあると察せられる。それならなぜ翻訳を引き受けたりするのか?

グルジェフが著作の第三集でそのインテリぶりを批判するアメリカでの「第四の道」の最初の主導者A・R・オラージュの心酔者、C・S・ノットの回想録、『回想のグルジェフ』(原題:The Teachings of Gurdjieff)の邦訳はもっとひどい。翻訳というより半分は勝手な解釈である。また、C・S・ノットは後述するグルジェフ・ソサエティの会員であり、この回想録は一種のお墨付きを与えられているが、文学作品からの引用を交えた回想の記述は、フィクションとノンフィクションを織り交ぜたもので、事実の記録としては矛盾が多いことが指摘されている。たいていの読者は、著者はニューヨークでのムーヴメンツ公演を観ることでグルジェフを最初に知った後、フランスを訪れ、最盛期における学院での活動を体験したのだと思うだろうが、グルジェフはアメリカからフランスに戻った直後に自動車事故にあっていることを考えると、これはありえない。

C・S・ノットは、グルジェフを父親がわりとして少年時代を学院で過ごし、その最盛期の活動をほんとうに知っているフリッツ・ピータースとは犬猿の仲で、互いのことを嘘つき呼ばわりしているが、出版の世界では、団体からのお墨付きをもってC・S・ノットの回想録が大々的に売られているのに対し、フリッツ・ピータースの回想録(全3冊)は入手困難になっている。なお、C・S・ノットの回想録の邦訳版の翻訳者は、「C・S・ノットはのちに活動から距離を置いた」などということをあとがきに書いているが、上述のとおり、C・S・ノットは妻とともに晩年に至るまでグルジェフ・ソサエティの会員として、活動に関わった。翻訳者はこんなことをあとがきに書いていると、グルジェフ・ソサエティの元会員である共通の知人を通じてC・S・ノットの息子たちに伝えたところ、なんの根拠をもってそんな嘘を書くのか、出版社に講義したいという応答があった。なお、同書の邦訳版には著作権表示が欠落しており、世紀の手続きを踏んで翻訳出版されたものかわからない。同じ出版者からは『グルジェフ・ワークの実際』と第された本も出版されているが、グルジェフとは関係の薄いことをグルジェフの名前を使って売り出そうとする悪質な商法である。昨今では、「東京バナナ」をもじったのか「東京グルジェフ」などという名前を使って自分たちの活動を宣伝する愚か者まででてくる始末であり、こうした輩は「グルジェフ」の名前を勝手に借用することになんの罪悪感も恥ずかしさも感じないものと見える。

さて、以上のような英米における「第四の道」の系譜のほか、フランスにおいてグルジェフ自身が主導したグループワークの系譜があり、ジャンヌ・ド・ザルツマンと彼女が設立した団体が、それを継承しているという見方があるが、これは半分正しくない。ジャンヌ・ド・ザルツマンはたしかにこの系譜を代表するが、グルジェフの死後に彼女がイギリスに設立した団体、グルジェフ・ソサエティは、その初期の段階で、モーリス・ニコルの一派の主導者を副会長として迎え入れ、議決権の半分を与えている。そしてまた、グルジェフをめぐって多くの誤った情報が一般に広まった第二の理由は、これらジャンヌ・ド・ザルツマンンが設立した団体における、権威主義と結び付いた秘密主義と閉鎖性、資料や情報の隠匿である。

この秘密主義のひとつの理由は、いましがた触れたばかりの組織の「二極構造」にあるのではないかと私は疑っている。つまり、グルジェフにまつわる正確な情報を知れば知るほど、英米における「第四の道」の伝達の系譜とグルジェフ自身との間での亀裂があからさまになってしまう。ザルツマンが代表するグルジェフに直接揺らうしるグループワークを継承する人たちと、基本的に人物としてのグルジェフを敬遠する立場にあるモーリス・ニコルの一派という本来なら結び付きようのない二者がイギリスで政治的な妥結をした背景には、前者のグループはイギリスにほとんど足がかりを持たなかったということのほか、J・G・ベネットの一派への対抗ということがあったと察せられる。

とくに1970年台、1980年台においては、グルジェフとその周辺で生じた活動をめぐる正確な歴史的情報が不足していたので、『奇跡を求めて』を読んだ人が「ウスペンスキーはグルジェフの高弟だった」などと主張しだすのはやむをえないところがあった。1990年台の後半から、かつて秘密にされていた文献や情報の多くが公開されてきているが、学会誌上での対外的な発表の内容が不適切だったという理由での、『グルジェフ伝』の著者であり、団体内ではフランス系の直伝の系譜の数少ない養護者だったジェームス・ムア氏の破門、チェコヴィッチの回想録の英語版の内容に対する過剰な添削などを見ると、団体の組織体質は変わっていないようである。また、ザルツマンにつらなる諸団体が所在・責任者・活動内容に関する情報を公表せず、メンバーによる対外的な発言・発表を制限する姿勢を貫く一方、他方ではグルジェフとの結び付きが薄弱なところで「第四の道」、「グルジェフワーク」といった言葉を宣伝に使用する新しい団体も生まれ、そうした団体の一部は欧米でスキャンダルを起こした後、日本を含めた「未開国」へと活動の中心を移すようになった。私の著書『覚醒の舞踏』の巻末には、そうした団体の主導者の著書の出版予告があるが、これは出版社の側の無知のせいで掲載されたものであり、私はこれと無関係である。また、私の著書から借用したとおぼしい言葉を活動の宣伝に利用している個人・団体とも私は無関係である。

もともとジャンヌ・ド・ザルツマンが設立した団体において、ムーヴメンツの分野における秘密主義と閉鎖性は、ついには破滅的な結果へと団体を導いた。貴重なビデオ類を含むアーカイブ資料を一般のメンバーの手の届かないところに秘匿しておいたものが、ある日、二つあった秘密の金庫の両方から中身が消えているのに気づいたという。この事態に対処するにあたり、2003年、団体の一部の関係者は、私を含む主要な外部の情報保持者に対して法律的な手段の行使をほのめかして手持ちの資料の供与を求めるなど、あまり行儀のよくないふるまいを見せた。最終的にはムーヴメンツの分野でのもうひとりの第一人者、ジャスミン・ハワースの娘であるドゥクシャが主導してアーカイブを再構築する努力が払われたが、そうしてできあがったアーカイブの読解性は低く、すでにムーヴメンツをよく知っている人の参考にしかならないかもしれない。

「人に与えるのを拒んできたもの、自分のためにとっておこうとしたものを、私はすべて失った。私のもとに残ったのは、私が人と分かち合ったものだけだった」(ロシアの格言)

先に触れたグルジェフ・ソサエティの元会員で、C・S・ノットの息子たちの親友である人物とは、2003年に「グルジェフ・インターネット・ガイド」を立ち上げたレイジョ・オスカネン氏のことであり、ソサエティ内に多くの知人を有する同氏は、ソサエティがその秘密主義と閉鎖性から抜け出すのをうながすべく、多大な努力を払ったが、サイトに対する執拗なサイバー攻撃と団体内からの強固な抵抗にあい、最終的にこれをあきらめた。莫大なアクセスを集めた「グルジェフ・インターネット・ガイド」は、その後は他の人たちが運営している。

以上のような背景をもって、グルジェフをめぐる誤った情報が氾濫するなか、通称「第四の道」、通称「グルジェフ・ワーク」の源流にありながらも、それと決定的に異なる振動を帯びたものとして、著作・音楽・舞踏の分野でグルジェフ自身がじかに残したもの、混じり気のない、本来の活力を宿したものとの接触を復活させることを目的に、誤訳の多い過去訳に代わるべき電子版グルジェフ全集とともに、このサイトをもって各種の素材を提供している。当サイトは1998年にniftyメンバーズページとして始まったものが原型であり、ムーヴメンツに関する豊富な画像と記事を掲載したおそらく世界初のサイトとして、その初期のコンテンツは、ドゥクシャ・ハワースがニューヨーク市立図書館に寄贈した上記のアーカイブ資料の一部として保存されている。

郷 尚文

戻る | Home