グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

4/14

BACK | NEXT

1885?〜 たどり着きがたい場所への旅/人間をめぐる謎の究明

http://oshotara.la.coocan.jp/
(インダス上流、カラコルム峠を下ってトルキスタンからチベットへと至る道の分岐点)

グルジェフは、ひとりで、あるいは仲間と連れ立って、「たどり着きがたい場所」への探検行や冒険行を重ねる。『注目すべき人々との出会い』には多くのエピソードが載っているが、「ゴビ砂漠を竹馬で」など、必ずしも事実性を重視しないストーリーテリングとなっているため、実際の旅の経路や前後関係をそこから探るのは難しい。

一方、グルジェフの著作の第三集『生は<私が在る>ときにのみリアルである』の長いプロローグには、一部の探検行との関係でグルジェフが請け負ったかもしれない政治的な任務をうかがわせる記述や危険な旅のなかで味わった困難と苦痛、そして意志的な努力の果てに突き当たった危機に関するなまなましい描写がある。

それによると、グルジェフは三度にわたって被弾し、一度目は希土戦争(ギリシャ/トルコ戦争)が始まる一年前にあたる1986年のクレタ島にて、二度目は英国チベット戦争(ヤングハズバンド隊の侵攻)の一年前である1902年にチベットの山中で、三度目は1904年の末、民族対立の激化するコーカサス山中で起きた。(LR1

グルジェフはチベットに長く滞在し、そこで結婚して男児をもうけ、ダライラマ十三世となんらかのつながりをもったと考えられている。グルジェフは、イギリスのヤングハズバンド隊によるチベットの侵攻をおそらくその現場に近いところで目撃し、中国によるチベット侵略に先立ってチベットの「魂」を殺すに至った事件としてこれを描写している(BZ38)。この主張を裏付けるような今日の状況として、政治的にやむをえないこととはいえ、現在のダライラマ十四世は、いまでもチベットの「魂」と思われてはいるが、ほとんど無抵抗の市民の虐殺を伴ったこの事件を歴史から抹消し、「われわれは強情だったのでイギリスはわれわれに考え直すことを求めた」、「中国による侵略の前にチベットはどこからも侵略を受けたことがない」と主張する(公式HP参照)。

* * *

この長い遍歴の年月におけるグルジェフの関心はふたつあった。ひとつは「人間の生の意味と目的」をあらゆる側面から究明すること」、もうひとつはとくに内戦や革命などでの集団心理として顕著にあらわれる自己喪失や思考と行動における「自動性」から人間を解放する方法を探ることであった。(LR1

地球上のさまざまな姿をした生命の帯びている使命(もしくは負わされている役割)と、その見地から見た「人間の生の意味と目的」をめぐる探求は、外側の世界での探索として始まり、アジア、オリエント、アフリカ、ヨーロッパにわたる広範な地域を旅するなかでの歴史的・考古学的・宗教学的な探究と文献の調査、科学分野での研究、および各地の僧院や精神的共同体での滞在や特定の領域で理解を深めた人々との出会いへとグルジェフは導く。

グルジェフはいわゆる秘教的な伝統のなかで特別な知識を伝授されたというのが一般的な見方だが、グルジェフがみずから語るところに照らしてみると、この見方は全面的には正しくないかもしれない。それによると、1892年に至るまでに、グルジェフは外側の世界での探索の限界を痛感するに至り、「人間の生の意味と目的」をめぐる疑問への答えは人の「下意識」において見い出されるという確信を強めた結果、むしろ「あらゆる外的な影響」を離れてみずから答えを見い出すか、あるいは探求の方向性を大きく変えるしかないという結論に到達する。(HC

中央アジアのイスラム系の僧院での滞在中にこの結論に到達したグルジェフは、「責任の解除」という名のもとに古くからこの地域に伝わる内的探求もしくは心身相関的な医学領域での究明の分野での研究を本格化する。これは部分的には西洋における「催眠」の研究に類するものであるが、その扱うところはいっそう広く、「人間の生の意味と目的」をめぐる疑問への答えを求めるなかで、グルジェフはこれを追求した。(HC

これは次のように説明するとわかりやすいかもしれない。人にはその「責任」あるいは「立場」ゆえに、ほんとうは知っているのに自分に対してさえ認められないことがある。それゆえに「顕在意識」と「下意識」という二つに分かたれた意識構造ができあがる。いわゆる「心の平和」を守るための心理的機制の結果として、二者間での接触は断たれ、人はあれこれのあからさまなことについて「うすうす」は知っているはずなのに「見えなく」なる。ある人にとってどんなことが「見えなく」なっているか、それを知ったなら、当人が負わされている「責任」や当人の置かれている「立場」について多くのことを察することができる。グルジェフがこの手法をもって究明を試みたのは、個人の問題というより、集団的な問題だった。

それから数年にわたり、グルジェフは、みずからの祖母(ソフィア・パッジ)がそうであったような民間の医師もしくは治療家として、中央アジアで活動した。グルジェフはこうして、医学的な観点から広い意味での「催眠」を研究するとともに、これを現代人において恒常的なものとなった「二分化された意識構造」における顕在意識と下意識のあいだでの駆け引きや人類を支配する集団心理の諸相について探るための手段とした。(HC, BZ31〜33)

二分化された意識構造から生じる異常性の例として、グルジェフは、「いちおうは目が覚めた状態」にある人々がもっぱら顕在意識の支配下で見せる行動や思考の異常性にも目を留めた。戦争と動乱の絶えない時代にあって、グルジェフはしばしばその現場を目撃したが、もっとありふれた状況のなかでこれについて徹底的に解明するための研究対象としてグルジェフが目を留めたのは、ちょうどそのころロシアやヨーロッパで大流行していた神智学運動やオカルティズムを背景にして、いわゆる「精神世界」に夢中になる人たちが呈する思考と行動における異常性だった。(HC

グルジェフは、みずからその分野での「専門家」になりすまし、神智学運動やオカルティズムを追求する組織や団体と接触し、この「哀れむべき病気」のさまさまな症例を研究する(HC)。これは「まやかしの研究と実習」として、のちにグルジェフが設立した学院のカリキュラムにも組み込まれた。

* * *

グルジェフは人類の集団的な催眠状態、あるいは顕在意識と下意識とのあいだでの分断に不自然なものを認め、教育などによる社会的な条件付けのほかに、さらに深い理由があることを察する。それは「人間の生の意味と目的」の探求との関係で、重大なことを告げていた。(IS11, BZ48ほか)

「人間の生の意味と目的」をめぐってグルジェフの到達した理解は、人の「下意識」に埋もれたものとして、人の「本能的な理解」と矛盾するものではなく、客観的に例証できる数々の知見とも対立しないどころか、それらに統合をもたらしうるものだった。のちのグルジェフの言い方にするならば、そのようにして到達された理解は、「雨が降ったら舗道は濡れる」というのと同じぐらいあからさまなことなのだった。(LR2-1

それなのになぜ人はその理解から切り離され、これに関する満足な知識はどこを探しても見つけがたく、むしろこれをめぐっては人を混乱に導くような意見や主張ばかりが世界を覆いつくしているのか。それもまた「人間の生の意味と目的」ゆえのことであり、そのからくりの謎こそが、秘められた知識、すなわち義務的に与えられる目的とは別の目的へと人を導きうるものではあるが代償なくして知ることはかなわないために人々の目から隠されてきた知識、あるいは受け取ることを拒絶されてきた知識なのだった。

したがって、みずからが到達した理解を人々に伝えようとするうえで、グルジェフの立場は、自説を主張する思想家の立場やみずからの発見について広く知られることを望む科学者の立場とは異なり、それはむしろ、医師がしばしば直面するような難しい立場に似ていた。もしも伝えることに決意したならば、心理上の問題も含めて、それにからんだ数々の問題を扱わなければならなかった。

1911年9月13日、グルジェフは、それに伴ういろいろな問題を考慮して周到な計画を練ったうえで、みずからが到達するに至った理解の全体像を人々に伝えることに決意し、トルキスタンからからロシアの中心、モスクワへと、ゆっくりと移動を開始する(HC)。

出典に関する情報

<著作と講話録からの抜粋>

二つの目標(LR1)

人類の不自然な眠り(IS11)


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home