グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

5/14

BACK | NEXT

1912〜16 モスクワとペテログラードにて

1912年、グルジェフはモスクワにあらわれる。やがてモスクワとペトログラード(ペテルスブルグ)に生徒たちのグループができた。

グルジェフは、ポーランドの皇族の出身であるジュリア・オストロウスカと結婚する。彼女がのちに語ったと伝えられることによると、彼女はグルジェフの「正体」を知らないままに結婚し、のちにそれをを知った彼女は、それに深い幸せを覚えると同時に、ふつう妻が夫に対して抱くような期待や欲求を離れ、生徒のひとりとして夫に付き添い、その仕事を助けることを決意する。(TT

そのためか、彼女はグルジェフ姓を名乗らず、マダム・オストロウスカと呼ばれることを望み、のちにグルジェフがフランスに設立した学院の生徒たちのなかには、彼女がグルジェフの妻であることを知って驚く者が多かったという。グルジェフはその著書において彼女とのあいだでの内的な絆の強さに触れている(LR1)。

1914年、精神科の医師であるドクター・シャーンヴァル(Stjoernval)とその妻がグルジェフに出会う。このふたりはグルジェフと深い関係を結び、それは生涯にわたって続いた。

この年に第一次世界大戦が始まり、ドイツはロシアに宣戦布告、政情は不穏さを増していった。この年の秋、グルジェフは、みずからが計画中のバレエ戯曲『魔術師たちの闘争』に関する記事を新聞に載せる。ほどなくして離反するものの、グルジェフがこの時期に教えたことの思想的側面を広めるうえで大きな役割を果たしたP・D・ウスペンスキーは、それを目に留めたひとりである。ウスペンスキーは、その翌年に、グルジェフに紹介される。(IS1)

このころグルジェフは、その前半生における長い探求で得られた発見や理解を理論的な体系にまとめあげることに力を注ぎ、モスクワとペトログラードにてこれを教える。ウスペンスキーが書き留めたその内容は、ウスペンスキーの死後に『奇跡を求めて』という題名で出版されることになる。

1916年の末、音楽家トーマス・ド・ハートマンとその妻でオペラ歌手であるオルガ・ド・ハートマンがペトログラードでグルジェフと知り合い、グループに加わる。ハートマン夫妻は、その後、グルジェフとともにロシアを逃れてフランスに至るまでの旅路を手記に残した。

しばらくすると、社交の場で前に会ったことがあるドクター・シャーンヴァルと黒い外套をまとった二人の男が歩いてくるのが見えた。二人とも目も口髭も黒々とした典型的なコーカサス人で、とてもよい身なりをしてはいるが、コーカサス人まるだしである。どちらが例の人物だろうと私は考えた。正直なところ、私の最初の反応は感激とか崇敬とか呼べるようなものではなかった。どちらが例の人物なのかという疑問は、その男の目と見たときにおのずから解けた。一瞬、座は静まり返った。私の目はあまり清潔そうではないカフスに向かったが、その直後、自分から話を切り出さなければならないと思った。(トーマス・ド・ハートマン、HM1抄訳)

1917年の2月革命によりロシアでは帝政が崩壊、革命と内乱の時期が始まる。グルジェフはモスクワに「人間の調和的発展のための学院」を設立していたが、モスクワでもペトログラードでの活動の継続は困難となった。グルジェフは故郷のアレクサンドロポルへと向かう。

出典に関する情報

 


ウスペンスキー


マダム・オストロウスカ

シャーンヴァル医師

<講義の場でのやりとりの記録>

教えはなにを目指すのかとあなたは聞くがIS6

機械と人間はなにが違うかIS1


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home