グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

6/14

BACK | NEXT

1917〜20 エッセントゥキの祈り/内戦の激化/コミューンの発足/コーカサスを越えて/チフリス滞在/音楽と舞踏

(1917年 クリックして拡大)

1917年、2月革命の後に故郷のアレクサンドロポルへと向かったグルジェフは、7月になるとペトログラードに戻ろうとするが、途中で計画を変更し、コーカサス北部、黒海からそれほど離れていないところにある鉱泉に恵まれた保養地エッセントゥキに居を定める。(下の地図を参照)

この夏、グルジェフは、ウスペンスキーを含めた十余名の生徒たちをペテログラードとモスクワからエッセントゥキに呼び寄せ、共同生活を基盤とし、身体的な訓練や音楽を含めた集中的なプログラムを展開する。初期の音楽作品、およびのちに「ムーヴメンツ」として知られるようになる独自の身体訓練もしくは舞踏のうち体操的な性格の強い「必修エクササイズ」のシリーズなどは、これから1〜2年のうちに生み出された。

この時期のことを思い出すたびに、とても不思議な気持ちになる。エッセントゥキでの六週間のことである。信じられないことだ。この体験を共にした人たちと後からこれを話題にするたびに、これがたった六週間のことだったとは信じられないとだれもが言う。ふつうだったら六年かけても体験しきれないほどのことがこの短い期間のあいだに集中的に展開された。

私および参加者の半数はこのあいだじゅう村はずれの小さな屋敷でG[グルジェフ]と暮らし、残りの者たちは早朝にやってきて夜遅くに帰って行った。就寝はとても遅く、朝はとても早くに起きた。せいぜい四時間しか眠っていない。自分たちであらゆる家事をし、それ以外の時間は、後から説明するようなエクササイズに充てられた。Gは何度か、キスロヴォドスク、ジェレスノヴォドスク、ピャチゴルスク、ベシュタウなどへの遠足を計画した。

Gはキッチンを担当し、しばしばみずからディナーを用意してくれた。彼は卓越した料理人であり、何百ものすばらしい東洋風の料理の作り方を知っていた。チベット料理、ペルシャ料理など、毎晩、東洋の国の伝統的な料理がふるまわれた。(IS17

ウスペンスキーはこの後からグルジェフとは別行動をとることが多くなる。ウスペンスキー自身の説明によると、「彼はじつのところわれわれを宗教的な道に導いているのではないか」という疑いによるものだった(IS18)。ただし、ここで「宗教的な道」(the religious way)という言葉はグルジェフに由来する表現であり、それは知性よりも感情を重んじる道を指している(IS15)。ウスペンスキーは、音楽や舞踏を取り入れたエッセントゥキ以降のグルジェフの方向性や理論よりも実人生を通じて教える姿勢を好まず、そのなかでの自分の将来的な立場に不安を感じたように見える。

「人は未来を知るべきであり、人には未来を知る権利がある。先がわからないことには、人生の計画を立てられないではないか」(ウスペンスキー, IE6

この不安は、革命後のロシアの不穏な情勢のなかでの自分の身の安全や将来に関する不安と重なっていたことでもあろう。これから始まって決定的な離反に至るまでのウスペンスキーの姿勢の変化においていちばん決定的だったのは、思想面での対立というより、ウスペンスキー独自の未来に関する読みや将来に向けての生活設計だったのではないかと思われる。実際のところ、ウスペンスキーは、その「未来を知る力」により、この混乱の時期を上手に乗り切り、グルジェフとその一行が味わったような冒険や苦難を経ずして、コンスタンチノープルへ、そしてイギリスへと渡り、いずれの場所でもグルジェフに由来する思想を説くことで生徒を集め、生計を立てることができた。そしてやがてはグルジェフを襲った不幸に乗じて上手に営業し、グルジェフをはるかに上回る生徒を集めて「ワーク」の教師として身を立てる。これは独立した精神の自由な動きなのか、それとも生活上の算段に従属した精神の動きなのか? ここで描写した時代から二十年あまりがたち、第二次世界大戦中にイギリスを逃れてアメリカで自分の信奉者たちに囲まれて暮らすなか、ウスペンスキーはこの問題を自覚し、それに悩むようになる。

* * *

ウスペンスキーと入れ替わるように、帝政ロシア親衛隊の将校として2月革命の直前にペトログラードを離れて前線に赴いてはいたが、めまぐるしく戦局が変化するなか形式的には名目を立てつつも実質的には戦争から離脱することに成功したトーマス・ド・ハートマンとその妻がエッセントゥキでグルジェフに合流する。

「どこに行くのか知らないままに旅立ちなさい。なにを得たのかわからないままに持ち帰りなさい」(トーマス・ド・ハートマン、HM1

ハートマン夫妻は8月28日の晩にエッセントゥキに到着する。夫のトーマス・ド・ハートマンはそれまでの半年に前線での過酷な試練を体験していたが、貴族階級の出身である妻のオルガ・ド・ハートマンにとって、庶民と生活を共にするのはこれがはじめてであり、テーブルクロスのない食卓にショックを受け、これがゴーリキの小説で読んだ「下層階級」の暮らしなのだと思う。翌日の晩、ハートマン夫妻は、グルジェフがすぐにもペルシャに行こうとしているという話を聞いて、さらにショックを受ける。こんな無茶な話についていけるか? エッセントゥキに着いてからわずか四日後、ハートマン夫妻は、まず黒海沿岸のトゥアプセまで鉄道で行くというグルジェフに同行する。グルジェフの妻のジュリア・オストロウスカとハートマン夫妻をグルジェフに紹介した以前からの友人であるザハロフがいっしょだった。ハートマン夫妻はトゥアプセで最終的な決断を迫られる。

「ふつうのやりかたでペルシャに行けるあてはないから、道路工事で石を割る仕事を請け負いながら行くことにする。一日の仕事が終わった後、工夫たちの足を洗うのは女たちの役目だ。ザハロフの足はくさいぞ。レノチカ[ウスペンスキー夫人の連れ子]ならそんな足でも洗えるだろうが、あなたの妻には無理ではないかな」(HM1抄訳)

準備を整えるために時間を費やした後、グルジェフ、ジュリア・オストロウスカ、ザハロフとハートマン夫妻はトゥアプセを立つ。荷馬車を操るグルジェフ以外は徒歩での旅となった。山中を進む強行軍ときつい試練の後に一行は目的地にたどり着き、海を望見する絶景の地にグルジェフの借りた別荘に身を落ち着ける。とはいっても、そこはペルシャではなく、黒海沿岸をさらに南に下ったところにあるソチの近く、アウチ・ダリの村だった。一見して無目的なものであったこの遠征行での訓練は、まもなく役立つことになる。

アウチ・ダリへの到着直後、トーマス・ド・ハートマンは、現地で流行していたチフスにかかる。数日後には重態となって隔離される。トーマス・ド・ハートマンはこれによって生命が危ぶまれる状態に陥ったばかりか、三週間にわたり正常な意識を失い、錯乱のなかで凶暴化し、妻をはじめ看病にあたる者たちにたびたび危害を加えようとしたが、そのたびにグルジェフが額に手を当てると静まったという。グルジェフは、のちに複数の報告があるのとおそらく同様の治療を彼に施し、これものちの事例で報告されているのと同じく、それに伴う消耗によって蒼白になった姿をオルガ・ド・ハートマンに目撃されている(HM2)。

瀕死の状態で荷車に載せられ、そこから35キロほど離れたソチの病院に運ばれたトーマス・ド・ハートマンは、危ういところで命をとりとめる。見舞いに訪れたドクター・シャーンヴァルの手を借りて、グルジェフはプラシーボ(心理的な効果を狙った偽薬)を用意させた。これは見事に回復を助けたという。正気に戻ったトーマス・ド・ハートマンは、自分が錯乱状態にあった三週間のことをまったく覚えていなかった。彼に対してグルジェフは、病に倒れるに先立って体に無理をさせたおかげで内的に蓄積されていた「なにか」があったからこそ命を保てたのだと告げる。

このときもう10月になっていた。ほどなくして起きた11月革命によってレーニンが実権を握り、ロシア国内での内戦は激化する。正気に戻ったトーマス・ド・ハートマンが受けた最初の知らせは、ボルシェヴィキによる財産没収を告げるものだった。グルジェフはまだ平穏が保たれていたエッセントゥキに戻ることを計画し、ハートマン夫妻に先行させる。ペテログラードからの避難民が続々と押し寄せ、ホテルも貸家も見つけにくい状況のなか、ハートマン夫妻は、まだ窓も扉も整えられていない建設途上の建物を借りることに成功し、グルジェフはそこを学院の活動のためのとりあえずの拠点とすることに決める。ペトログラードやモスクワの元生徒たちは、身の安全をはかるためにでもエッセントゥキに集まらざるをえない状況となっていた。

* * *

1918年の2月からエッセントゥキでは共同生活を基盤とした学院としての活動が始まり、3月までにはウスペンスキーを含めてかなりの数の生徒たちがこれに加わった。これは「財産の共有」を建前とするコミューン運動という形態をとったため、ボルシェヴィキ政権からはコミューニズム(共産主義)の理想を追ったものと見なされ、この難しい政情のなかにあっても公然と活動することができた。また、もしも革命前にこのようなコミューン活動をグルジェフが追求していたならば、それはうさんくさいものと見なされて、取締りの対象になっていたに違いなかった。(HM3, IS18

1918年3月に集まったとき、われわれの暮らした共同住宅では厳しい規則が守られた。外出は許されず、夜も含めて日課が定められた。そんななかで、このうえなく多彩なワークが展開された。この共同住宅の運営のしかたやそこでのわれわれの暮らしぶりのなかには、たいへん興味深いものがあった。前年の夏の合宿のときと比べると、エクササイズはずっと難しいものとなり、その多様性も増していた。 音楽に合わせてのリズム体操、ダルヴィッシュの舞踏、各種のメンタルエクササイズ、呼吸のいろいろな様式の研究などである。(IS18

グルジェフは知的な議論への傾倒をいましまる対決的な姿勢を強め、その結果、ウスペンスキーはグルジェフのもとを離れる決意をいっそう強いものとする(IS18)。トーマス・ド・ハートマンはこれをめぐるグルジェフの姿勢を弁護しているが(HM3)、その弁護はグルジェフの意図を逆さまに解釈したものであり、それからおよそ10年たってからのハートマン夫妻の離脱を暗示している。すなわち、1918年3月にエッセントゥキでグルジェフが見せた姿勢に対し、ふたりは実質的にはまったく同じ反応をしたことになる。

* * *

グルジェフの故郷のアレクサンドロポルでは、トルコ軍による侵攻の危険が高まった。グルジェフは、アレクサンドロポルの両親や親類にエッセントゥキへの避難を勧めるが、グルジェフの父と最年長の妹は故郷に留まることを選んだ。1918年の7月中旬、トルコ軍の侵攻によりグルジェフの父は命を落とす。これはいまでもトルコ政府がその事実を認めないどころか、それに関する言論を法律によって禁じてさえいる、いわゆる「アルメニア人大虐殺」のなかで起きた。アレクサンドロポルに留まっていたグルジェフの妹はトルコ軍の侵攻寸前に子供たちを連れて町を逃げ出し、悲惨な状態でエッセントゥキにたどり着く。

これはエッセントゥキでの話である。そのときはまだ、エッセントゥキでの状況は比較的に落ち着いていた。

私は自分の親類と生徒のために二つの共同住宅を用意していた。ひとつはエッセントゥキにあり、そこでは85人が暮らしていた。もうひとつはピャチゴルスク[エッセントゥキ近傍の地方都市]にあり、そこでは60人が暮らしていた。

生活費は日々にますます高くなっていった。多額の金銭を費やしても、この二つの共同住宅に暮らす者たちのために食糧を確保するのはいっそう難しくなり、私はぎりぎりのところでこれをまかなっていた。

ある雨降りの朝、窓辺に座って通りを見ながら、どうやりくりしたものか考えていると、変な形をした二台の荷車のようなものが家の玄関に停まり、そこからゆっくりと、影のようなものがいくつも出てくるのが見えた。

最初は何なのかわからなかったが、頭の混乱が収まってから落ち着いて見ると、それは人間なのだった。もっと正確に言うなら、目だけをぎらぎらと光らせ、ぼろ切れをまとい、はだしの足を傷だらけにして、骸骨のようにやせ衰えた人たちだった。全部で二十八人。そのなかには一歳から九歳までの子供が十一人いた。

彼らは私の親類であり、私の妹のひとりと、まだ小さいその子供たち六人がそのなかにいた。

彼らはアレクサンドロポルに住んでいたが、そこは近隣の町と同じく、二ヶ月前にトルコ軍の襲撃を受けた。 郵便も電報も使えなくなり、町と町のあいだの連絡は途絶えていたため、アレクサンドロポルの住民たちは、トルコ軍が町から約三マイルまで迫った時点で、はじめてこの襲撃に気づいた。 この知らせは、言語に絶するパニックを生じさせた。

想像していただきたい。すでに限界まで疲れ果て、緊張にさらされつづけたあげくに、自分たちの味方の軍隊よりも強大で軍備にもすぐれる敵軍がまもなく自分たちの町に侵入し、無慈悲にも、男だけでなく、女も年寄りも子供も含めて全員を無差別に皆殺しにするのを知ったのである。当時、この地方では、まさにそのような殺戮が起きていた。(MR11

* * *

1918年8月6日、グルジェフは妻のジュリア・オストロウスカとハートマン夫妻、ペトロフを含む14名の「隊員」とともに「科学的および考古学的探検」のためにエッセントゥキを離れる。インダク山中に金の鉱脈を探すというのがひとつの名目で、その地域に点在するドルメンの調査がもうひとつの名目だった。白軍(帝政ロシア軍)と赤軍(革命軍)の間での内戦は身近に迫り、グルジェフはその双方から探検の許可を取り付けていた。グルジェフは地元の人民評議会(ソヴィェート)に申請書を提出し、そちらからは許可どころか物資の支援まで受けていた。一行が発ってから三週間後、エッセントゥキでは一挙に緊張が高まり、トーマス・ド・ハートマンの知り合いも含めた多数の近衛将校が捕らえられ、山中に連れ込まれて銃殺された。

一行はソヴィェート当局からあてがわれた貨車でマイコプに向かうが、そこでは白軍と赤軍が町の支配をめぐって戦いあう危険な状況が生じていた。一行は郊外の無人の農場に身を隠し、難を逃れる。その後も山賊に足止めされるなどのハプニングを経て、数度にわたって白軍と赤軍のあいだの前線を横切り、一行はこのときも黒海沿岸のソチにたどり着く。この「科学的遠征」は、エッセントゥキからソチに逃れるための算段でありながら、完全な偽装というわけでもなく、一行はその道中で、ドルメンの調査をはじめとする「探検の目的」の一部を果たしている。

この「地獄の中心部から周縁部へ」の脱出行で、一行はまるで「超自然的な加護」のもとにあったかのようだったと、グルジェフは語る。

無人地帯へと抜け出すまで、われわれは人口の密集した地域を通らなければならず、ボルシェヴィキ[赤軍]と白軍のあいだの前線を少なくとも五回は行き来することを余儀なくされた。

それに伴う語りきれない困難の数々を、そのすべてが終わり、思い出となったいま振り返ると、私のなかには、それらの困難を乗り越えたことに対する深い満足がこみあげてくる。 それはあたかも、この時期を通じて、われわれのために奇跡が次々に起こったかのようだった。

われわれの周囲で人々を捉えていた狂気やお互いのあいだでの憎みあいは、われわれをまったく侵さなかった。 私と仲間たちは、まるで超自然的な加護を受けているかのようだった。

われわれはあたかもこの世に属していないかのように、どちらの側の利害に対しても無関心だった。したがって、彼らのわれわれに対する姿勢もこれに似たものとなり、彼らはわれわれを完全に中立の存在と見なし、実際にわれわれはそうだったのである。

ちょっとしたものを奪いあって相手を八つ裂きにしかねない、狂った獣のようになった人々のなかにあって、私は隠し立てをしたり口裏合わせをしたりすることなどまったくなく、公然と、臆すことなく、混沌のさなかを抜けて行った。 徴用を口実にした強奪が横行していたのに、われわれはなにも奪われず、たいへんな品不足のために羨望の的になっていた二樽のアルコールさえ無事だった。(MR11

山越えをした後の最後の行程で、一行は谷沿いに建設中の鉄道線路をたどって進んだ。そこで見つけた一軒の家の主人に、グルジェフは宿の提供を求める。それはポーランド生まれの土木技師スタニスラス・フィリポヴィッチが宿舎として借りていた家であり、彼は一行を歓待する。翌日、彼は担架に載せられて家に運び込まれる。シャーンヴァル医師が診察したところ、彼は深い昏睡状態にあることがわかった。使用人が言うには、彼はこのように突然に昏睡状態に陥るという奇病に悩まされていた。その晩、グルジェフは彼の枕元で長い時間を費やし、数日後、フィリポヴィッチは自分がこの奇病から解放されていることに気づく。のちにグルジェフが語ったところによると、この家の主人は、一時ロシアで流行した「催眠術ごっこ」の後遺症に悩まされていたのだった。ソチに向かって旅立った一行をフィリポヴィッチは追いかけ、同行の許可を求める。驚く一同を前に、グルジェフは「これで仲間がひとり増えた」と告げる。その後、フィリポヴィッチは、コンスタンチノープル、そしてフランスへとグルジェフを追い、学院での活動に加わったが、ポーランドへの帰還中にナチスによるポーランド侵攻が起こり、その後は消息不明となった。(TT

* * *

ソチへの到着後、大多数の弟子たちは解散するが、ジュリア・オストウスカ、シャーンヴァル夫妻、ハートマン夫妻をはじめとする中核の者たちは、グルジェフとソチに留まる。ハートマン夫妻はここで音楽活動をすることができた。ソチはボルシェヴィキの支配下にあったが、白軍が近くにいたので、一触即発の危険があった。グルジェフはソチの高級ホテル内のクラブに日参し、トランプをしながら情報を集める。1919年1月中旬、寒風が吹きすさび海は荒れていたが、汽笛が聞こえたらすぐに港に向かえるように旅装を整えておくようにとグルジェフは皆に告げる。一行はソチから船でポティに移動した後、そこからは鉄道で、メンシェヴィキ政権の支配下で比較的に落ち着いた状態にあったグルジアの首都チフリス(トビリシ)へと向かう。

モスクワでの学院の開設からこうしてチフリスに到着するまで、四年の歳月が過ぎていた。時間とともに、金銭の貯えも急速に尽きていった。この時期の終わりごろになると、学院の活動を維持するためだけではなく、それとはまったく別の予想外のいろいろなことのために出費を迫られるようになったからである。

ロシアでの壊滅的な出来事、つまり集団的な蜂起、対外的な戦争、そして国内での内戦のために、人々の日常はかき乱され、すべては混乱し、天地がさかさまになったかのようであり、かつては裕福で安泰だった者たちも、いまではまったくの一文なしというありさまだった。この時期、私のもとで学ぶためにすべてを後にしてきた者たちの多くは、まさにこのような境遇にあった。彼らは偽りのない誠意とそれに見合ったふるまいにより、私にとって親族に等しい者となり、したがって私は、二百人近い者たちが生き延びられるように算段しなければならなかった。

このときに私が直面した困難は複雑なものだった。というのも、私の親類縁者の多くは、もっとたいへんな状況のなかにあり、私は彼らを経済的に支援するうえに、彼らとその家族の者たちが安全に暮らせる場所を見つけなければならなかった。彼らの多くは、内戦およびトルコ軍の侵攻によって完全に壊滅したトランスコーカサスの各地に暮らしていたからである。(MR11

* * *

チフリスはコーカサスのパリとも言われ、芸術活動の盛んなところであった。トーマス・ド・ハートマンはここで知人の紹介により、作曲を教える教授の職に就くことができた。まもなく彼はチフリスのオペラ座の芸術委員となる。そのときチフリスのオペラ座では『カルメン』の特別上演を企画中であり、オルガ・ド・ハートマンはミカエラの役をやらないかと誘われる。彼女にとってはこれがオペラ歌手としてのはじめての舞台出演となった。グルジェフも見に行ったこの『カルメン』の特別上演で舞台芸術を担当したのは、著名な画家にして舞台芸術家であるアレクサンドル・ド・ザルツマンだった。

これが縁になって、1919年の復活祭のころ、アレクサンドル・ド・ザルツマンと、その妻にして音楽家・舞踏教師であるジャンヌ・ド・ザルツマンは、グルジェフと知り合い、グループの活動に加わる。これを機に、グルジェフは、創始者エミール・ジャック=ダルクローズの弟子としてザルツマン夫人がチフリスで開いていたリトミクスの学校の生徒たちにムーヴメンツを教えだす。7月22日、このグループの生徒たちは、チフリスのオペラ座で、一般の観客を前にしてのムーヴメンツの公演をした。

同年のこれもおそらく春ごろ、オルガ・ド・ハートマンはグルジェフからひとつの「ミッション」を持ちかけられ、夫婦ともに迷ったあげく、これを引き受けることに決める。夫のトーマス・ド・ハートマンとグルジェフが残してきた貴重品のうち略奪を免れたものをエッセントゥキまで取りにいくという任務であり、もしも男が行ったなら逮捕や拘留を免れるのは難しく、女にしかできない仕事ではあったが、ひとりで出歩いたことが生まれてから一度もなかったというオルガ・ド・ハートマンにとっては危険な冒険であった。黒海沿岸のバトゥミまで列車で行き、そこから海路でノヴォシビルスクへ、ふたたび列車でエッセントゥキへという長旅である。英国軍が駐留するバトゥミの特殊な政治的事情や黒海航路の便の不足が障害となるが、機転を利かせた立ち回りと思いがけない助けにより、彼女はわずか一週間でこのミッションを果たす。それからまもなくして、やはりグルジェフからの提案により、ハートマン夫妻は、トルコによる攻撃は終わったもののいまだ壊滅的な状況にあるアルメニアの首都エレヴァンを訪れ、そこでアルメニア音楽と西洋音楽の両方を取り上げたコンサートを開く。

1919年9月、グルジェフは「人間の調和的発展のための学院」をチフリスに設立。講義・舞踏・音楽を含めたプログラムで生徒を集める。冬には、やがてムーヴメンツの分野で才能を発揮するエリザベス・ガルミアンとオルギヴァンナ(のちのフランク・ロイド・ライト夫人)が活動に加わる。バレエ戯曲『魔術師たちの闘争』の上演を目指した集中的な稽古が始まり、リハーサルがくりかえされるが、グルジェフはその公演をとりやめる。

1920年になるとグルジアの情勢も不安定となる。この年の5月、グルジェフの一行はチフリスを離れ、黒海沿岸のバトゥーミに向かう。直接的な証言に基づくと思われるジェイムス・ムアの記述によると、列車の運行は続いていたが、グルジェフはこのとき四頭の馬に荷車を引かせ、シャーンヴァル夫妻を含む30人ほどの生徒たちを連れて、徒歩でバトゥーミを目指した。ハートマン夫妻の回想録にはこの道程に関する記述がなく、もしかしたらこのふたりは鉄道でバトゥーミに向かったのかもしれない。一行はそこから船でコンスタンチノープルへと向かった。

出典に関する情報

『魔術師たちの闘争』 舞台セットの前で (チフリスにて)
クリックして拡大

 

ハートマン夫妻

A・ザルツマン

J・ザルツマン

<エッセントゥキでの講話>

いまあなたは旅立つことができる(RW2-1)


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home