グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

7/14

BACK | NEXT

1920〜22 コンスタンチノープル滞在/ヨーロッパへの旅路

このころまでにコンスタンチノープル(イスタンブール)には、祖国を離れたロシア人たちのコミュニティができあがっていた。彼らの多くは、帝政ロシアで軍人、官吏、公務員をしていた者たちであり、この時点ではほとんどの者たちがいまだに旧体制の復活を期待し、いわば一時しのぎの場所としてコンスタンチノープルに集まっていた。ウスペンスキーはグルジェフの一行に先んじてコンスタンチノープルにたどり着き、ボスポラス海峡に浮かぶプリンキポ島に屋敷を構え、こうしたロシア人を相手に講義をしていた。

のちにグルジェフと最後まで行動を共にすることになるチェスラヴ・チェコヴィッチは、帝政ロシア軍のポーランド分遣隊の青年将校だったが、内戦の最悪の部分には巻き込まれないまま退却し、コンスタンチノープルで軍役を離れていた。当時20歳のチェコヴィッチは、物心ついて以来、肉体を鍛えることに余念がなく、ボディビルに励んだのちに、学生時代にはレスリングのチャンピオンとなり、コンスタンチノープルではサーカスの怪力レスラーとして人気を博し、のちにみずから語ったところによると、アヤソフィア寺院やブルーモスクのまわりの旧市街を「肩で風を切って」歩いていた。チェコヴィッチは、ロシア人コミュニティの掲示板に張り出されたウスペンスキーの講義の宣伝に目を留め、これに参加するうちに常連となり、今度は知の領域での新しい探求に夢中になる。

* * *

グルジェフの一行は1920年6月にコンスタンチノープルに着く。グルジェフがコンスタンチノープルで最初にしたのは「教え」を説くことではなかった。グルジェフの住まいは、祖国を離れたロシア人たちが食事を分けてもらうために集まる場所となり、マダム・オストロウスカが数人の者たちに手伝われて連日の炊き出しをした。このような「食器持参」の食事会で、グルジェフは集まった者たちに対して話をし、各自が自分の置かれた状況について考えるように促したが、それは必ず食事が終わり、空腹が満たされた後だった。(TT

精神が肉体から独立して働くことは認識における偏りのなさの条件でありながら、実情としては、精神は肉体上、生活上、あるいは体面上の考慮に従って働いているのであり、そうしたことが気にならないまれな瞬間にしか人はまともにものを考えられないというのが、グルジェフの見るところの現実であった(BZ43)。こうした無料の食事会をしばらく続けた後、グルジェフは常連となった者たちに次のように言う。

「君たちはみな公給泥棒階級の出身者である。自発的な労働によって糧を得るということを知らない。そんな努力をするぐらいなら貧乏に甘んじるほうがましだと思っているみたいだ。なにが起こっても、ただ受動的にそれに流されるだけである」(TT抜粋)

グルジェフは、仕事の志願者をその場で募り、祖国を離れた他のロシア人たちから買い取ったものと思われるじゅうたんや骨董品の山を見せると、複数の「町売り部隊」を編成し、最低価格を指示したうえで「商品」を割り当てた。これは彼らのあいだに興奮を巻き起こし、やがて彼らのあいだからは、独立して商売を営む者があらわれるようになった。

* * *

チェコヴィッチ

チェコヴィッチは、ウスペンスキーの講義の場にあらわれたグルジェフを見て、はじめはとんでもない闖入者が自分の先生の代わりを演じていると見て憤慨し、わかりにくい講義の内容に笑ってしまう。「ありゃなんですか? 思わず笑ってしまいましたよ」と同意を求めて話しかけたウスペンスキーに、これが「噂の先生」であることを告げられたチェコヴィッチはショックを受け、これはどうしても個人的にグルジェフと話をしなければならないと思う。きびしいことを言われるのではないかと、さんざん思い悩んだあげく、ついに決意してグルジェフの住まいの呼び鈴を押したチェコヴィッチは、予想に反して手厚い歓迎を受け、チェコヴィッチの窮乏ぶりを察したグルジェフから、ここでいっしょに生活するように誘われる。

グルジェフの住まいには、まもなくもうひとり同居人が増えた。アレクシス・コームという名のその若者は、海運業を営む億万長者の息子だったが、過食および不可解な病気に悩まされていた。過食の原因は父親にあり、息子を運動選手にしたくて過大な食事をさせていたのだが、ある時点より、食欲は増すばかりなのに身体は危険なまでにやせ衰えていった。父親はすでに何人かの高名な医者に治療を任せていたが、症状は悪化を続け、シャーンヴァル医師からの照会を受けてグルジェフが診察にあたった。グルジェフは血液検査の結果を見たうえで原因を察したらしく、息子をしばらく自分と同居させ、治療方針についていっさい口出ししないことと、これまで息子に余分に食べさせてきた料理の費用とこれまでに費やした医療費とを合わせた額を報酬として支払うことを条件に治療を引き受けた。

チェコヴィッチチの語るには、たびたびアレクシスからの「殺意がこもった視線」を受けながらも、グルジェフは意に介さず、スパルタ式の食事制限、ひっきりなしの家事労働、そしてムーヴメンツの稽古を処方することで、その病状を一気に快方に向かわせた。グルジェフはいろいろな「親切」により、アレクシスのために豊富な仕事の機会を作ってあげた。

おっとっと……ジョルジヴァンチ[グルジェフ]は過失を装って、階段のてっぺんから、ゴミ箱の中身をぶちまけた。見事なもので、階段の上から下までゴミだらけになった。「アレクシス、アレクシス。ああ、わしとしたことが。お願いだ、ここをまたきれいにしてくれ」(TT

アレクシスは回復後もグルジェフのもとに留まり、ムーヴメンツの稽古を続けて、デモンストレーションに出演するまでになる。

* * *

グルジェフを追う生徒たちがチフリスから次々に到着し、グルジェフはここでも学院を開設する。グルジェフが見つけた三階建ての建物は、旋回舞踏で知られるメヴィレヴィー派のダルヴィッシュたちの修行場(上の写真は現景)の近くである。グルジェフはハートマン夫妻らを伴ってそこを訪れた。グルジェフはここでもムーヴメンツに力を入れ、とくにダルヴィッシュ系の舞踏のレパートリーを増やしていった。

いつものように稽古を見ていると、グルジェフから、高音部の旋律を記した自筆の小さなメモを渡された。私ひとりでは高音部と低音部の両方を弾けなくなると、ザルツマン夫人が低音部を弾くように命じられた。こうしてダルヴィッシュの舞踏ができあがった。 […] 六度下げて左手で弾くテーマメロディをグルジェフが口ずさみ、私はそれをすぐさま音楽的に展開させた。弱音で弾く高音部と六度下がった低音部が融合し、全体として発展していくありさまに私は驚嘆を禁じえなかった。高音部の指示に続いて、また小さなメモを渡された。基調に異様な変記号が付いている。低音部は最初から最後まで同じリズムのくりかえしで、ダルヴィッシュの演じる舞踏の律動に合わせてある。(トーマス・ド・ハートマン、HM5

ウスペンスキーは別のかたちでグルジェフの創作につきあった。

われわれはよく連れ立ってコンスタンチノープルのバザールをうろついた。 われわれはメヴィレヴィー派の修行場を訪れ、そこで彼は私がそれまで知らなかったことを教えてくれた。彼によると、メヴィレヴィー派のダルヴィッシュの旋回舞踏も、彼がエッセントゥキでわれわれに教えたエクササイズと同じく、カウンティングを伴った、頭のための訓練なのである。何日も日夜を分かたず彼といっしょに何かに取り組むこともあった。 ある晩のことがとくに記憶に残っている。そのときには『魔術師たちの闘争』に使うためにダルヴィッシュの歌を「翻訳」するのを手伝った。私は芸術家としての彼、詩人としての彼を見た。このうちとくに後者は、彼が注意深く人に見せないようにしていたものである。まずGがペルシャ語の詩を思い出し、ときどき低い声でくりかえしてつぶやいた後、ロシア語に訳した。十五分ぐらいたち、いろいろな形式や象徴やたとえのなかに私が我を忘れていると、彼は言った。「さあ、これを一行にまとめてみなさい」。韻律についてまでは私は頭が回らなかった。そこまではとても無理である。Gは先に進み、また十五分すると、「さあ次の行だ」と言う。 そんなふうにしてそこで朝まで過ごした。かつてロシア領事館があったところを少し下ったクンバラジ通りの一角でのことである。(IS18)

最終的にできあがった詩は、ひとつの戒めであった。(SM1

人は神を見るときに
おのれに応じたものを見る。
どの部分に触れるかで、見えるものは変化する。
そのようにして触れる者、もしも彼が愚かなら

触れたものがすべてだと思う。

そして自らを疑うことなく、神についての教えを説く。

それはすでに罪である。

なぜなら彼は至高なる者の戒めの理に背いている。

それは次のような戒めである。

おまえの信じる心が弱いから

おまえは私に執着する。

なぜなら真に私を見る者は……。

* * *

トルコ軍によるアルメニア人の虐殺は交戦状態の終結後も尾を引き、1921年11月、グルジェフの妹のひとりとその家族が犠牲となる。グルジェフの著作の第三集に序文を寄せているヴァランタン・アナタシエフは、その子供たちのなかでただひとりの生き残りである。1921年8月、グルジェフとその中核の生徒たちの一行は汽車でコンスタンチノープルを離れ、ソフィア、ベオグラード、ブダペストを経由してベルリンへと向かう。ウスペンスキーも同じころにコンスタンチノープルを離れ、船でロンドンへと向かった。著書『ターシャヌム・オルガヌム』の英訳版がイギリスでヒットたというニュースを受け取っていた。

グルジェフの一行がドイツへと向かったのは、リトミクスの創始者でありムーヴメンツに関心を寄せるエミール・ジャック=ダルクローズから、ドレスデン近郊に学院を設立することを勧められていたからである。だが、建物の取得をめぐる法律上の問題から、最終的にグルジェフはこれを断念する。

グルジェフは、コンスタンチノープルを離れるにあたり、やはり西欧に向かおうとする生徒たちにいくつかの小グループに分かれるように指示し、後から合流することを期して、各自に助言を与えていた。チェコヴィッチは、アレクシス・M(前出のアレクシスとは別人)という仲間とペアを組み、グルジェフの待つベルリンへと向かうが、その途中で「捕虜交換」をめぐる策謀に巻き込まれ、あやうくロシアに送還されそうになり、そのなかで、グルジェフがたとえとして語ったところの「囚われからの脱出」を現実のものとして体験することになる。このたとえでは、まずは少なくともひとりが、自分たちは囚われの身にあることに気づき、そして仲間にもこれを気づかせなければならない。チェコビッチがこの役を果たしたことで、総勢19名がロシアに送還されることを免れる。彼らの多くはもしも送還されていたならば銃殺を免れない身の上だった。

ことの始まりは、チェコヴィッチとアレクシスがブダペストに到着し、そこからドイツに向かうための方法を考えているとき、ウクライナ人に限らず旧ロシアの離国者を援助するというウクライナ領事館の宣伝を見つけたことだった。この支援に頼ったふたりは、他の17人のロシア人とともに、ドイツまで送り届けてくれるものと信じて貨車に乗り込むが、列車がチェコスロヴァキアに入ったところで、係員の態度がおかしいのにチェコヴィッチは不審を覚える。チェコスロヴァキアの国境駅で、チェコヴィッチは、トイレに行かせてもらうことを求め、それに付き添った係員にいくばくかの謝礼を渡し、おしゃべりしたところ、係員は彼のことを「本国への帰還を許されたロシア共産党のスパイ」だと思い込んでいることが判明する。さらに聞きただすと、どうもこれは「スパイと捕虜の交換」という話になっているらしかった。

この現実を信じようとしない他の者たちをチェコヴィッチは必死で説得し、それから彼らは通りがかりの者たちに話しかけて情報を収集し、どの線路をどちらに向かったらドイツなのか、どちらに向かったらロシア行きの船が出る港なのかを確かめる。案の定、彼らを乗せるために入線してきた列車には、「ロシア行きの方向」に機関車が付いていた。これを見て、彼らはプラットフォームに横たわって乗車を拒否し、「たとえここで殺されようがロシアには行かん!」と連呼する。彼らは兵士たちに袋叩きにされるが、これは駅に停まっていた国際列車の乗客や駅にいる他の乗客の目を引き、それらの乗客のなかにいた報道関係者が、しかるべき筋にこれを知らせることを約束する。

そのおかげで、この19人はスパイに仕立て上げられてロシアに送還されるのを免れ、しばらくの拘留ののち、「これを口外したりウクライナ領事館に近づいたりしたら消されるぞ」という忠告とともに、ブダペストに戻される。このときまでにグルジェフはふたりのために入国書類を整えており、ふたりはそれを使って無事にベルリンにたどり着いた。(TT

* * *

1922年、2月と3月の2回にわたりグルジェフはロンドンを訪問する。そこではウスペンスキーが知識人たちの関心を集めていた。その最初の生徒になったのは、雑誌『ニューエイジ』の編集者であるAR・オラージュをはじめとする知識人たちである。1922年のこの二回の訪問では、グルジェフとウスペンスキーのあいだでの方向性の違いがあらわになり、ふたりのあいだの亀裂は決定的なものとなった。ただし、ウスペンスキー夫人は、夫の態度とは無関係にフランスを訪れ、グルジェフがそこに設立した学院での活動に加わった。夫のウスペンスキーも妻や自分の生徒たちといっしょにフランスを訪れることはあったが、活動に加わる意思はなく、やがてグルジェフは彼の訪問を歓迎しなくなる。

1922年7月、グルジェフの一行はドイツからパリへと移る。ベルリン滞在中から、グルジェフに同行する者たちにとって英語が必修科目になり、グルジェフ自身も英語の勉強を始める。グルジェフはフランスに学院を設立するつもりだったが、最初の段階で大人数で押し寄せてくると予想されるのはイギリス人であり、ロシア人を中心とする古株の生徒たちは彼らと生活を共にしつつ、指導的な役割を果たすことが期待されていた。ウスペンスキーを通じてグルジェフに由来する思想を知ったイギリス人たちは、早い時期からパリにやってきた。グルジェフは、彼らの期待するような講義はいっさいせず、『魔術師たちの闘争』の衣装や小道具の制作を手伝わせた後、やがてパリ市内に練習場を確保してムーヴメンツの稽古に加わらせる。

グルジェフに同行する者たちのなかには、西欧の諸言語に堪能な者が少なくなかったが、とくにハートマン夫人は、オペラ歌手としての仕事柄もあって、英語も含めた五カ国語を話すことができた。そのためこれから七年にわたり、ハートマン夫人がグルジェフの通訳および秘書として重要な役目を果たすことになる。パリからやや離れたフォンテーヌブロー=アヴォンにあるシャトー・プリオーレが売りに出ているのを見つけたのも彼女であった。グルジェフはその取得に向けて動き出し、10月1日、一行はこの歴史的な城館へと移る。

出典に関する情報

<チェコヴィッチの回想録より>

コンスタンチノープルで


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home