グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

8/14

BACK | NEXT

1922〜23 フランス/学院の開設/スタディハウスの建設/キャサリン・マンスフィールドの滞在

シャトー・プリオーレ(現景)

グルジェフは資金の調達に奔走したのち、1922年10月、パリからやや離れたセーヌ河畔のフォンテーヌブロー=アヴォンにある歴史的な城館、シャトー・プリオーレを取得する。しかし、学院の運営には多額の出費が伴い、グルジェフは資金の工面のためにパリとフォンテーヌブローを忙しく往復する日々が続く。

プリオーレでは、かつてからのロシア人の生徒たち、そしてコンスタンチノープルからフランスに至るまでの旅路のなかでグルジェフの生徒となった者たちが集まって共同生活を営み、これに主としてイギリスから続々とやってくる新しい生徒たちが加わった。広大なプリオーレの敷地では建設工事が始まり、菜園および動物を飼うための囲いが設けられ、生徒たちは講義、エクササイズ、ムーヴメンツのほか、これらの建設工事や共同体の運営にかかわる多様な労働に従事した。家族ぐるみで滞在する者たちもいたため、プリオーレにはかなりの数の子供もいた。

プリオーレの敷地では、ムーヴメンツの稽古などの場としての「スタディハウス」の建築が始まる。このときまでにグルジェフは多彩なムーヴメンツのレパートリーを用意していたが、その本格的な稽古には屋内の広いスペースが必要なため、まずはそのための場を用意する必要があった。グルジェフは使用されなくなった飛行船格納庫の骨組みを仕入れ、「大工の息子」としてのグルジェフの指揮のもと、生徒たちが突貫工事にあたった。深夜に及ぶ配線工事で高い骨組みの上に上ったチェコヴィッチは、そこで眠ってしまい、危ういところをグルジェフに救出される(TT)。舞台芸術の専門家であるアレクサンドル・ザルツマンが腕前を発揮して、ステンドグラスを模した彩色ガラスからの光が射し込むように工夫され、東洋産のじゅうたんや調度で覆われたスタディハウスの内部は、ダルヴィッシュの修行場のような雰囲気をかもしだした。

プリオーレの建物には浴室がひとつしかなかった。そこで、チェコヴィッチの指揮のもと、洞窟風のトルコ式サウナの建設が始まる。焼けた石にバケツで水をかけると、パイプを経由した蒸気が半地下式のホットルームに吹き出る仕掛けであり、階段状のベンチの上方ではドライな環境が得られるよう、ベンチの下方に隠された大型ストーブからの上昇気流によってエアーカーテンを作り、上方と下方での蒸気密度に差を付けるという工夫が施された。毎週土曜日には、まずは女たち、次に男たちがサウナを使うのが慣習となり、男たちのあいだでは、ホットルームでじゅうぶんに休んだ後、「まだだれも聞いたことのない話」(ジョークのこと)を交換するというのがならわしになった。(TT)

学院での活動はこうした労働が中心となり、グルジェフは仕事への集中を求めたが、これはふつうに言われるところの精神集中ではなく、頭・心・体の三者を同時に発動させるということであった。表向きには仕事を立派に仕上げることが求められたが、グルジェフは、仕事への没頭や成果へのこだわりを歓迎せず、奴隷のように働くことを生きがいとしたり、そのように働く自分に価値を見い出したりしたがる気持ちをしばしば無残にも打ち砕いた(TT, HM6)。日中の労働と夕食の後にはムーヴメンツの稽古があり、ときにはグルジェフがあれこれのテーマについて話をするときもあった。

* * *

グルジェフとともに遠路はるばるフランスへとやってきた生徒たちの目には、イギリスとアメリカから次々にやってくる新参者たちは、少しばかり観光客のようにも見えないこともなかったようにうかがわれる。彼らはほとんどみなウスペンスキーの「洗礼」を受けてグルジェフへの興味をつのらせた人たちであり、その興味をときには打ち砕いて実質的な理解が育ちうる方向に向かわせるのは、グルジェフにとってもおそらく容易なことではなかった。彼らからの質問攻撃に耐えかねて、グルジェフはあるとき「お馬鹿のエクササイズ」というものを教えたということをチェコヴィッチが伝えているが、英訳版ではこのエピソードはカットされている。

ある日、おおせいの訪問者がやってきた。夜、このたくさんの新参者たちは、スタディハウスでムーヴメンツのエクササイズに参加した。「気の毒なゲオルギー・イヴァノヴィッチ……」と私は思った。明日この連中は、自分たちが持ってきた「特別な質問」への回答を求めて、ミスター・グルジェフにうるさくつきまとうことだろう。その夜、ミスター・グルジェフは、たくさんの数のエクササイズを教えた。そしてみんなが疲れきった後で、新作のムーヴメンツを追加した。身体を右そして左に傾けながら六歩前進し、同じように後進して最初の位置に戻るというステップだった。ミスター・グルジェフは、それから両腕の動きを見せ、最後に頭の動きも追加した。

以上の振り付けを皆が覚えた後、ミスター・グルジェフは、六つの言葉の組み合わせを二種類教えた。ムーヴメンツのステップに合わせて順番に発音しなければならない。この日に始まって毎晩、われわれは、それらの言葉を繰り返しながら、個々のポーズを正確に演じる練習をした。

強さ、うれしさ、幸せ、笑い、ほほえみ、喜び。
弱さ、みじめさ、泣きごと、退屈、憂うつ、バルダ。

これらの言葉は何度もくりかえされ、それは合唱のコーラスのようになって、耳の奥に残響を残した

強さ、うれしさ、幸せ、笑い、ほほえみ、喜び。
弱さ、みじめさ、泣きごと、退屈、憂うつ、バルダ。

どれもわかりやすい言葉だった……「バルダ」を除いては! 「バルダ」というのはなんなのか? この「バルダ」というロシア語に理解の鍵が隠されているようだった。イギリス人、アメリカ人、フランス人は、われわれロシア人のところに来て、「バルダ」というのはなんだと聞いた。ロシア人の生徒たちはこの言葉についていろいろ講釈したが、つまるところ「お馬鹿」という意味であることを聞かされると、彼らは軽く「アハ」と言って、口をつぐんだ。彼らは、このエクササイズでそれぞれの言葉をくりかえしながら、幸福と不幸、強さと意志、運命といった概念をめぐる想像をたくましくさせていた。ところが彼らが最終的に直面させられたのは、とても単純な二者択一の選択なのだった。幸せでありたいのか、それとも不幸せでいたいのか? 喜びをもって強くありたいのか、それとも弱く、悲しく、みじめで、「お馬鹿」なままでいたいのか?

* * *

プリオーレへの最初の訪問者のひとりは、ニュージーランド生まれの女性作家キャサリン・マンスフィールドだった。彼女は結核の末期にあったために、グルジェフははじめ長期の滞在を断るが、再度の懇願を受けてこれを許した。彼女はムーヴメンツの練習の場に立ち会うことを許され、これから受けた深い印象を書きつづっている。1923年1月9日に彼女はプリオーレで没し、3日後の12日に行われたスタディハウスの正式なオープニングの儀式は彼女の追悼を兼ねるものとなった。その後、学院での彼女の死をめぐって悪質な噂が広まり、グルジェフへの再度の懇願を彼女に勧めた「張本人」であるチェコヴィッチは複雑な思いにかられる。

出典に関する情報

<チェコヴィッチの回想録より>

キャサリン・マンスフィールドの思い出

親方グルジェフ


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home