グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

9/14

BACK | NEXT

1923〜24 ムーヴメンツ公演/アメリカ訪問

プリオーレではムーヴメンツの稽古がますます本格化し、1923年の夏からは、スタディハウスでの定期的なデモンストレーションが開かれるようになり、地元の人たちのほか、ディアギレフをはじめとする有名人もこれに招かれた。同年12月、パリのシャンゼリゼ劇場で大規模な公演が行われる。

きわめて多忙ながら、グルジェフにはもうひとつの心労があった。グルジェフの母は、グルジェフの末の妹であるソフィアとその夫、およびグルジェフの弟のドミトリとその妻と四人の子供たちといっしょに、難民の群れに混ざり、ロシアとトランスコーカサスの辺境をさまよっていた。グルジェフは彼らの居所をつかむと、救出の手配をしたが、彼らがフランスにたどり着くのは容易ではなかった。1923年の末、彼らはついにプリオーレにたどり着き、グルジェフの母と妹は、敷地内の一角にある「ル・パラドゥ」という離れで暮らすようになる。

1924年1月、グルジェフは35人の生徒たちを連れ、アメリカでのムーヴメンツの大規模な興行のために、汽船でニューヨークへと向かう。一行はニューヨーク、フィラデルフィア、ボストン、シカゴで公演し、アメリカで生徒を集めて活動を展開する基盤が整った。グルジェフは再訪を約束し、6月にアメリカを去る。


The Initiation of the Priestess

言葉ではとてもあらわしきれません。
これを見ているのあいだ、
自分のありかたが全面的に変化するのを感じました。
女性の一生とそこで起きる試練のすべてが描かれています。

キャサリン・マンスフィールド(書簡より)

<C・S・ノットの回想録からの抜粋と音楽>

ニューヨークでのムーヴメンツ公演

<チェコヴィッチの回想録より>

アメリカでのグルジェフ


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home