グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

10/14

BACK | NEXT

1924〜29 自動車事故/学院の閉鎖/執筆と作曲/母と妻の死/「ワーク」との断絶

(プリオーレの庭で クリックして拡大)

アメリカからフランスに戻ってまもない7月の初旬、グルジェフは、パリからの帰途、車で木に激突し、意識不明の重態に陥る。トーマス・ド・ハートマンによれば、7月5日のことである。

世界の首都と呼ばれるパリの町とフォンテーヌブローの町を結ぶ由緒ある街道で、幾世紀にもわたる混乱の歴史の流れを見つめて思いにふけるかのごとく静かにたたずむ道ばたの木に、私は自分が運転する自動車もろともフルスピードで突っ込んだ……まともな人間がどんなふうに考えても、これは私の人生を終わらせていたはずの事故だった。(BZ48-あとがき)

シャーンヴァル医師の申し入れにより、グルジェフは病院からプリオーレへと移された。意識不明ではあったが、深いところでは醒めているようでもあった(TT, HM7)。居室に移された直後、次のようにつぶやくのが聴こえたという(TT)。

「父と子と精霊の名においてアーメン」

グルジェフにとっては「三の法則」すなわち対立と相克のなかからの再生の原理をあらわすこの聖句は、グルジェフが回復直後から執筆を始めた大著、『ベルゼバブが孫に語った物語』の書き出しの言葉となった。キリストとブッダの絵が飾られたプリオーレの居室のベッドでグルジェフは眠りつづけた。オルガ・ド・ハートマンによると、16日後にいったん目を開けたが、2日後にはふたたび昏睡状態に陥った(HM7)。ついに確実に意識を取り戻したとき、グルジェフは、なにも言わず、ハサミを取ると、紙を上手に切ってウシやウマの形を作ってみせ、次に鉛筆を手に取ると、何桁もの数字を書き並べ、足し算をしてみせた(TT)。

グルジェフは学院の閉鎖を決意する。

この学院を閉鎖し……すべてを放棄することを、私は筆舌に尽くしがたい悲しみと落胆をもって決意した……自分のまわりに本物の人間がいない現在の状況、必要とされる大量の資金と物資の調達の世話を私以外のだれもできない現在の状況からして、もしも私がこれ以上、学院の存続の維持を試みるなら、それは必ずとんでもない破局を招き、おかげで私は老後において満足に食うこともできず……完全に私に依存した多数の者たちも同じ運命をたどることが確実だった。(BZ48 抄訳)

学院の閉鎖ということに関しては、グルジェフ自身の著作におけるその描き方と、同時期にプリオーレに暮らしていた他の者たち(ハートマン夫妻、フリッツ・ピータース、C・S・ノットほか)による描き方のあいだには落差が見られる。この時点で学院は終わったのであり、以後もそこに留まる者たちは生徒ではなく滞在客として留まるのであるということをグルジェフは言い渡したが(HM7)、外面的に見るならば、とりあえずは一部の生徒たちが去っただけで、共同での労働を中心とするプリオーレでの生活のありかたはそれほど変わらず、ザルツマン夫人らの主導によってムーヴメンツの練習も続けられていたと報じられている。グルジェフは、まだ満足に歩けない状態にあってもムーヴメンツの指導を再開し、早くも8月13日にはれる新作のエクササイズを教えたことが記録されている。しかし、「人を助ける」ということをめぐる深い幻滅をもってグルジェフが共同での取り組みのありかたを見直し、決定的にその方向性を転じたことは疑いようがなく、この年の12月からグルジェフの主要な関心は執筆へと向かい、それから数年のあいだに、元生徒たちはだんだんにプリオーレを去っていった。

* * *

グルジェフは外部との接触を断ち、「全体とすべて」と題された三部作の執筆にとりかかる。この三部作のうち第一集にあたる『ベルゼバブが孫に語った物語』は、「警告」のために書かれた長い前書きの後、次のように始まる。

客観的な時間の尺度によれば《世界》の創造から二百二十三年のこと、ここ地球での言いかたに直せば、キリストの生誕から千九百二十一年のことである。天空を横切って宇宙船カルナークが飛んだ。 それは、アソパラツァータの宇宙、すなわち銀河宇宙の惑星カラタスから、北極星を中心とする太陽系パンデツノークへと向かっていた。この宇宙船に、ベルゼバブとその親族、従者たちの姿があった。(BZ2)

この物語の主人公であるベルゼバブについて簡単に紹介すると、彼は大宇宙の中心近くにある惑星カラタス(グルジェフにとっての故郷であるカルスとアレクサンドロポルを組み合わせたものと思われる)に生まれるが、若くして宇宙のお偉方に歯向かったため、宇宙の辺境にあるわれわれの太陽系に追放される。そこでベルゼバブは惑星地球での人類の歴史をその始まりから目撃するとともに、何度かその流れに介入し、多大な経験を積んだうえで、「宇宙の懐」への堂々たる帰還を果たす。そののちに、遠くの星で開かれる大事な会議に出席するための出張旅行に孫のハシィーンを連れて行くことにしたベルゼバブがこの旅の最中に孫にせがまれて語ったのがこの物語ということになっている。

私は、まだ自分が十全な強さと健康を維持していた時期に、自分が人々に向けて説いた有益な真実の数々を人々の現実の生活に導入するということを成し遂げられなかった。したがって、私は自分が死ぬ前に、少なくとも理論を説くことにおいて、いかにしてでも、これを成し遂げなければならない。(LR1

著作の第三集に述べられたところによると、グルジェフはこの時点で、みずからに残された時間はもうわずかであると考えていた。そんななか、グルジェフと近しい関係にあったふたりの女性が世を去っていく。1925年の夏、グルジェフの母が肝臓の病でなくなる。彼女は、死が近いことを察して以来、聖句のたえまない朗誦を始め、最後の日には辞世の句を残して世を去っていった。1926年の6月には妻のジュリア・オストロウスカが癌でなくなる。

執筆を始めてから最初の三年間、この労働における私の能力と生産性の持続時間は、実際どんなときにも、私の意識と自分の母と妻のことで私のなかで起きていた苦しみとのあいだでの接触の長さと質、つまりこの接触の度合いに厳密に比例していた。(LR1)

グルジェフは、レストランやカフェなど人の集まるにぎやかな場所で執筆するのを習慣とした。パリでの仕事場は、オペラ座前のカフェ・ド・ラ・ペの二階席である。さらに、グルジェフは、東はアルプス、西はピレネー、北はノルマンジー、南は地中海に至るまで、フランス全土を車で訪れ、その道中のレストランやカフェで執筆を進める。この数年にわたり、グルジェフは、新聞・雑誌・本から手紙類に至るまで、ありとあらゆる間接的な情報の媒体に触れるのを避けた。

1927年、グルジェフは、七年越しの特別なプログラムを自分に課すことで、みずからの健康を回復させることを誓う。グルジェフの著作の第三集には、「健康」およびそれを支えるものに関する一般的な捉え方に反するがために広くは理解されがたい、この「健康法」もしくは「長寿の秘訣」に関する数々の示唆的な言及がある。

グルジェフが著作に集中したこの数年間は、トーマス・ド・ハートマンとの共作で、深い情緒をたたえた数々の曲が生み出された時期でもある。しかし、グルジェフはやがて夫妻にプリオーレを出て自立することを求めるようになり、その後の身の振りかたをめぐることとの関係で感情的な軋轢が生じたようにうかがわれる。ハートマン夫妻は、1929年ごろからグルジェフと疎遠になり、1930年の春に関係を絶っている。オルガ・ド・ハートマンは、夫が心身を弱らせてグルジェフを避けるようになった後に自分に難しい選択が生じ、グルジェフとの離別に至った経緯をかなり具体的に書き残しているが、それに先立って夫のトーマス・ド・ハートマンの心中にどのようなことが起きたかには言及していない。

* * *

数年に及ぶ外面的な活動の打ち切りの背景には、西欧の知識人たちによる一種の流行にも似た受け止められかたと、学院の危機によっていっそうあらわになったその底の浅さへの失望もあったとうかがわれる。グルジェフは、『自動車事故に先立って自分のんかでは「人々に対する失望」が色濃いものとなり、それは自分がみずからの理想を追求するなかで味わった失望であることを認めている。(BZ48

学院の閉鎖とともに、いわゆる「ワーク」はグルジェフの手を離れ、主としてウスペンスキーをはじめとする理論志向の強い教師たちを通じて外部に知られ、欧米の知識人のあいだに反響を呼ぶようになる。こうしてウスペンスキーのもとに集まった人たちのなかからは、J・G・ベネットやモーリス・ニコルなど、のちにその著作と活動によってグルジェフに由来する思想を欧米に広めることに寄与した人たちが含まれる。

アメリカでは、イギリスの元ジャーナリストで雑誌「ニューエイジ」の編集者として知られるA・R・オラージュが、グルジェフが講義の場所として使った書店で働く女性と恋に落ちたことがきっかけで、そのままニューヨークに留まっていた。オラージュもウスペンスキーの元生徒であり、学院での経験には乏しかったが、編集者としての経歴や知名度、そして人あたりのよさゆえにアシスタントとしての仕事を任され、グルジェフの初回のアメリカ訪問を助けていた。

オラージュは、自動車事故で危機的状況に陥ったグルジェフを支えるために募金を呼びかける。この義理に応えるために、グルジェフは、ほとんどだれに対してもしばらく門戸を閉ざすという先だっての決意を改め、アメリカ人はその例外とされることとなった。だが、オラージュは、こうして募金をつのるうえでの名目としても、アメリカでのみずからの生活を支えるためにも、何らかの活動を持続させねばならなかった。グルジェフのアメリカ訪問によって高まっていた人々からの期待に応えなければならないという気持ちにも動かされ、やがてオラージュは、グルジェフの名前を借りながらも自分なりに編み出した「教え」を説きだすようになる。これはたくさんの支持者を集めた。(LR2-2

グルジェフが舞台から降りたことで、「ワーク」は大繁盛したようにも見えるが、そのなかでグルジェフ自身の存在は忘れられていった。

愉快なことに、この時期、この私の存在はほとんど忘れられ、私の厳しさを多少なりとも知っているはずの彼らも、私を気にすることなど、ほとんどなくなっていた。(LR2-1

* * *


フリッツ・ピータース

グルジェフは「ワーク」の創始者であるという先入観を捨てないことには、これから先の構図を読み解くことができない。グルジェフはグルジェフであり、グルジェフに由来するとされて世間に広まった「ワーク」なるものは、それとは別物である。この亀裂についてはグルジェフ自身も語っているが、この亀裂に引き裂かれた人生を歩むことでその生き証人となったのは、1924年から1929年までをプリオーレのグルジェフのもとで暮らしたフリッツ・ピータースである。このアメリカ生まれの少年は、この歴史的な記述のなかではもう少し先になってから本格的に登場するジェイン・ヒープとマーガレット・アンダーソンという女同士の「元カップル」の養子とされ、このふたりによってプリオーレに連れてこられた。

グルジェフは少年時代のフリッツ・ピータースに強い印象を残し、そしてその「おかげ」で、ピータースは、1929年にアメリカに戻ってから、そこでみんなが「ワーク」として追求していることにまるでなじめず、「ワークの世界の問題児」として孤立感を深める。

「彼らはいずれもあまり感心できない理由から彼の教えに傾倒しているように見えた」(GR2

そのうえ、アメリカに戻った時点で15歳の少年であったピータースは、養母のジェイン・ヒープと実母(マーガレット・アンダーソンの姉もしくは妹)の両方から手ひどい扱いを受ける。ジェイン・ヒープは、ピータースが「道徳的不品行によってグルジェフの学院を追放された」ということを言い立てる法律文書をこしらえていた。養子縁組を解消するための法手続きに必要なのだとピータースは聞かされていたが、ピーターズの述べるところによると、ジェイン・ヒープはこれを意図的に噂として流し、実母もこれを真に受けて、わが子の引き取りをためらい、やがて男女関係のごたごたのなか、ピータースを置き去りにするかたちで出奔する。

ピータースをめぐるジェイン・ヒープの行動はあからさまに異常であるが、そのような狂乱に彼女を導いたのは恋愛のこじれであった。彼女の恋愛の相手であるマーガレット・アンダーソンの心は別の女性へと向かっていた。その新しい相手は、フランスオペラ歌手であり、のちにやはりグルジェフの生徒となるジョルジェット・ルブランであった。ピータースを養子にするという話そのものがマーガレット・アンダーソンの心を引き止めるための算段だった可能性が強い。

「とくにアメリカ人に顕著な傾向として、君も多くの人と同じように物事を逆さまに見ている」。グルジェフは私にそのように言った。たとえば、自分が出会う人はみな善人で、正直で、まともであってあたりまえだと思っている。だから、人の真の姿を知るというのは、つねに失望を伴う体験になってしまう。これは人を知るやりかたとして不適切で、しかも長い時間がかかる。「正しいやりかたで見なさい」とグルジェフは言った。「自分が目にする人は自分も含めてみんなクソなのだと思いなさい。それをよくわきまえたうえで、そんなクソのような人間のなかにもなにかよいもの、つまりクソではなくなるための可能性を発見したならば、二つの点で報われる。思っていたほど最低の人間ではなかったということを知ることから生じる内的な喜び、そして正しい観察をしたことへの満足である。自分を観察するにあたってもこれは同じである。自分はクソであるとよくわきまえているなら、そんな自分のなかにさえなにかよいものを見つけたとき、その価値をすぐに認め、そこから喜びを得ることができる」(GR3

フリッツ・ピータースは、オラージュらの指導のもとでシカゴそしてニューヨークに設立されていた「ワーク」のグループと接触するが、その「アメリカン」な味付けにいたく失望し、これはおかしな人たちの集まりなのではないかと思う。のちにアメリカを再訪したときに、グルジェフはピータースに対し、まだ「自分に嘘をつく」ということを知らないうちにプリオーレに来ることができたという点で彼は幸運であったことを告げると同時に、他の人たちはそれほど幸運ではなく、したがってニーズも違うのだということを言って聞かせる。グルジェフは、ピータースがこのいわゆる「ワーク」の世界で味わう不愉快と軋轢の犠牲者となるのではなく、むしろそれによって魂を肥やすことを願った。

「おまえの場合、たとえミーティングにも行かず、本も読まないというふうであっても、子供のころに私がおまえのなかに仕込んだものを忘れることはありえない。他の連中はミーティングに行かなければ私の存在さえ忘れてしまう。おまえは違う。私はもうおまえの血のなかに入った。おかげで生涯にわたってみじめな思いをすることになる。だが、そのような不幸はおまえの魂のためにはよいものとなりうる。だから、みじめな思いをするたびに、私が与えたこの苦しみに感謝しなさい」(GR3

当然ながら、ピータースのなじめなかった大人のグループ・メンバーの目には、ピータースは過去におけるグルジェフとの親密な関係を鼻にかけてつけあがった生意気なガキであり、「ワーク」の世界での問題児として、彼の残した二冊の回想録の内容さえ「信用するな」という意見がいまだに根強い。「彼はグルジェフについておもしろいことを言うが、彼は教師としてのグルジェフをけっして理解しなかった。彼よりグルジェフをよく知っている人たちが百人はいる」(C・S・ノット/1966年)。「彼の誇張癖と捏造癖を考えるとそんなことはそもそも起きていないのかもしれない」(ポール・ベックマン・テイラー)。もっとも、ここで挙げたふたりの批判者には、オラージュの指揮下でのアメリカにおける「ワーク」を擁護しようという意図がうかがえる。また、年号や事実関係に関する多少の不正確さを理由にして、これを「虚言癖」のように言い立てるのは行き過ぎのように見える。

アメリカで「ワーク」に夢中になった人たちの「異常性」に関するピータースの描写(GR13)は、じつのところそれをめぐるグルジェフ自身の描写(LR2)と異なるものではない。したがって、ピータースが自己弁護のためにグルジェフの意見を捏造したとは思われない。ピータースの回想録によるならば、グルジェフは、一方においてはアメリカのグループのメンバーたちについてピータースが指摘したことを認めながら、他方においてはピータースをいさめ、ピータースがグループに対する心情的な拒否反応を乗り越えるようにうながすものだった。

アメリカのグループに対するピータースの批判のひとつは、彼らの興味の中心となっているのはセックスであり、プリオーレは「フリーラブ」のための共同体であったかのように空想しているということだった。グルジェフはその言い分をあっさりと認めてピータースを驚かせる。

「グループの人たちについて君の言うことは、じつはよいことなのかもしれない。アメリカはまだとても若く、強い国だ。世界中の若者がみんなそうであるように、アメリカ人はみんなセックスにたいへん興味があり、セックスのことばかり考えている。君の指摘したような言動やふるまいをするというのはあたりまえのことだ。別に悪いことではない。ワークは肉体から始める必要があると、これまでにも何度も言っただろう。 自分を観察するということでさえ、まず肉体を観察することから始める必要がある。感情のセンターと思考のセンターの観察というのは、ずっと後になってやっとできることだ。若者にはたいした中身がないので、観察するべきものもあまりない。中身がないというのは有望なことでもあり、私がアメリカにやってきて、アメリカでたくさんの生徒を集める理由のひとつもそこにある。ヨーロッパ人はもはや感動するということがなくなった。彼らはなんでも知っている。哲学とか宗教とか。もっとも、ほんとうに知ったわけではない。自分というものを強固に作り上げてしまい、そのために彼らは内面を腐らせる。意識の関与なくしてそんなものを作り上げてしまったからだ」(GR3) 

ピータースのもうひとつの批判は、グループの人たちはグルジェフの言葉をストレートに受け止めようとせず、あれこれと「裏の意味」を詮索し、結局のところ好き勝手な解釈を引き出すばかりだということだった。グルジェフはこの言い分もあっさり認め、ピータースを驚かせる。

「それでも彼らがあなたからなにかを学ぶとか、あなたでなくともだれかからなにかを学ぶとかいうことがあるのでしょうか?」
「彼らがなにかを学ぶということは永遠にないかもしれない」
「そんならどうして関わり合いになるんです?」
「ほんのわずかだけだが可能性はある」

出典に関する情報

<グルジェフの著作より>

トルキスタンからアメリカまでLR1

意図されざる布教LR2-1


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home