グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

11/14

BACK | NEXT

1929〜35 アメリカでの活動/伝達をめぐる困難/空白の半年間

http://oshotara.la.coocan.jp/

(1929年 モン・サン・ミッシェルを望見するグルジェフ)

グルジェフは1930年ごろまで集中的に執筆に取り組んだ後、外面的な活動の再開に向けて動きだすが、そのいずれにおいても、伝達をめぐる多大な困難に直面することになる。

グルジェフは1928年ごろまでに著作の第一集である『ベルゼバブが孫に語った物語』の最初の原稿を書き上げ、著作の第二集として『注目すべき人々との出会い』の執筆を進めるが、内輪で開かれた朗読会での聴衆の反応や理解度を観察した結果、第一集を全面的に書き直すことに決意する。

私は、警告のために書かれたこの章に続く部分で私の思考を展開するにあたり、独特な順序と「対峙的な論理」を用いることにより、真実を告げる諸々の概念の本質が、いわゆる『醒めた意識』から、ふつう下意識と呼ばれるものへと、いわば自動的に引き渡されるようにするつもりである。[…]つまり、あなたのいわゆる下意識が、生まれてはじめて能動的に考えることをあなたに強いるようにさせるのだ。(BZ1

グルジェフは1934年11月6日に著作の第三集『生は<私が在る>ときにのみリアルである』の執筆を始め、この冬のアメリカ訪問のあいだも、ニューヨークのコロンブス・サークルにあるチャイルズ・レストランを仕事場として執筆を続けるが、翌年の4月2日、章の途中で執筆をやめ、以後、この最後の著作の執筆に戻ることはなかった。

人は疑問に思うでしょう。どうして彼はこの段階で企てを放棄し、二度とそれに戻ることがなかったのか。どうしてこの第三集を未完のままとし、少なくとも見かけのうえでは、その出版の意図を放棄したのか。グルジェフがその晩年の十五年にわたって展開した集中的なワークにみずから関わった経験がないかぎり、この疑問に応えるのは無理でしょう。(ジャンヌ・ド・ザルツマン)

グルジェフは「伝達をめぐる問題」との格闘を経て、1935年の春ごろまでに、執筆においても外面的な活動においてもひとつの結論に達し、方向を転じたように見える。もっとも、執筆においては、いったん書き上げた第一集をさらに書き改め、内容を充実させる作業は続けられ、朗読会やタイプ原稿の回し読みによってこれに親しむことは、のちにグルジェフのもとに集まった人たちにとって必須のこととなった。

* * *

1930年ごろから外面的な活動を再開しだしたグルジェフは、自分の一部の元生徒たちによる前述のような「意図せざる布教」の結果を受けて、みずからに由来する思想を教える人たちやその周辺に集まった人たちと「対決」することを迫られる。自著で述べられているところによると、これをグルジェフに促したのは、いわゆる「ワーク」に関心を抱くに至った人たちと接するなかで目に留めるに至った、彼らに共通の「精神的なおかしさ」であった。

この時期から、私はありとあらゆる人たちとの関係を一新するとともに、なかば[執筆の]仕事から解放された注意力をもって、そして自分が少年時代に意図的に身に付けた能力として「他者の外面的なふるまいに自分を移入する能力」を使って、ふたたび人々を観察するようになった。そして私が気づいたのは、男であれ女であれ、私の教え[my ideas]について何らかのことを知り、興味を持つようになった人たち全員の精神、とくに私の教えに基づくとされることをすでに自分で試している人たちの精神には「なにかおかしなこと」、観察のこつを知っているならふつうの人でも気づくほど決定的に「まったくおかしなこと」が起きているということであり、私はこうした人たちとの出会いを重ねるごとにこれを確信するに至った。(LR2-0

グルジェフは、自動車事故の直前の初回のアメリカ訪問の後、1929年にアメリカを再訪し、1930年の1月から4月にかけてもアメリカを訪れているが、活動の再開に向けて大きく動きだしたのは1930年の11月からの訪問においてであった。この訪問においてグルジェフは上記のような観察に心を悩ませ、オラージュが数年にわたり指導してきたグループのメンバーらに対し、オラージュがそのときに置かれた状況のやむをえなさとオラージュからの善意ある支援に言及しながらも、オラージュの指導のもとで展開された「ワーク」が各人にもたらした悪影響について述べ、オラージュが指導した過去の「ワーク」との決別を彼らに求める。このときオラージュはたまたまイギリスに戻っていて不在だった。

これによってニューヨークのグループ内では敵味方に分かれての騒ぎが生じるが、イギリスから戻ってきたオラージュは、全面的にグルジェフが言うとおりであることを認め、すぐさまグルジェフの滞在先に向かうと、「自分も自分と縁を切る」ことを約束する書面に署名し、それをグルジェフの秘書に手渡す。オラージュがあっさりとそのような書面に署名し、こうして署名をすることの意味をめぐる哲学的なおしゃべりをして帰っていったという報告を受けて、グルジェフは感情的な発作に見舞われ、シャーンヴァル医師の介抱を受ける。グルジェフによるこの場面の描写は微妙であり、グルジェフはオラージュの決意を知って感激したのだと表面的には解釈できないこともないが、これと結び付いた他の箇所での示唆的な表現と照らし合わせると、このときグルジェフは、すべてをそつなく処理してしまう現代の知識人に対して物事を伝えることの絶望的な難しさに衝撃を受けたのではないかと察せられる。(LR2-4)

* * *

この時期、グルジェフはフランスを留守にしがちだったし、対外的に目立った動きをすることもなく、かつての生徒たちにとっても遠い存在になりかけていた。グルジェフの直接の関与はなかったが、ザルツマン夫妻のまわりには小さなグループができ、1930年にアレクサンドル・ザルツマンに出会っていたフランスの作家、ルネ・ドーマルがこれに加わる。ルネ・ドーマルの未完のワーク小説『類推の山』に登場する「ドクター・ソゴル」は、はアレクサンドル・ザルツマンをモデルとしている。アレクサンドル・ド・ザルツマンは、1934年の春に世を去る。

パリの左岸では、アメリカ生まれの女流作家/雑誌編集者で、1924年にアメリカでグルジェフに出会った後にプリオーレで学ぶことを求めてパリに住まいと仕事を移したが学院の閉鎖のために満足に思いを果たせずにいたジェイン・ヒープのまわりに、女性だけの小さなグループができた。やはりアメリカ生まれで作家を志望するキャサリン・ヒュームは、そのグループとの偶然の接触からグルジェフへの関心をつのらせる。

このように、イギリスではウスペンスキーを中心としてグルジェフとは一定の距離を置いた教師たちが追求する教条的な色彩を帯びた「ワーク」がアカデミックな傾向の強い知識人の関心を集めるなか、海峡をはさんだフランスではグルジェフと親しい関係を結んだ元生徒たちのプライベートな活動が作家や芸術家のあいだでの関心を呼び起こしていた。

1932年の2月、キャサリン・ヒュームは、「ガールフレンド」のウェンディとともに、カフェ・ド・ラ・ぺで執筆するグルジェフに果敢なストーキングを試みる。「ついてこれるかな」というグルジェフの挑発を受けて、ふたりはフォンテーヌブローまでグルジェフの車を追いかけ、そこで手厚い歓迎を受ける。

* * *

1933年の初めごろ、グルジェフは『来たるべき善きものの先触れ』(HC)と際された小冊子をまとめる。これは活動の再開を公式に宣言するとともに、著作の公開を予告、そして今後の活動についての新しい方針を打ち出すものだった。しかし、1924年の自動車事故の後に生じた難しい状況のなか、「ワーク」をめぐるいろいろな誤解があるなか、この小冊子の内容は「ワーク」への単純な呼びかけとはなりえなかった。グルジェフはこの小冊子で、みずからの前半生における探求の動機とそこでみずからが到達した結論について語るとともに、神智学運動やシュタイナーの人智学運動などに言及し、自分はいわゆる「精神世界」に夢中になる人たちの期待に応えるものではないことを明らかにした。

この小冊子は、ウスペンスキーを含めてかつて関わりのあった人たちや元生徒たちに幅広く配布されたが、それらの人たちの多くがグルジェフへの反発を強める状況のなか、この小冊子での呼びかけは理解されず、ウスペンスキーはこれを「狂人の書いたもの」と評して焚書にした。この小冊子での精神世界批判は、外部にもたくさんの敵を作った。とくに彼らを刺激したのは、人間の精神的な異常性に関する事例を集めようとするうえでこちらから捜すまでもなくく向こうからやってきてくれる便利な人たちという意味で、精神世界に夢中になる人たちを「モルモット」にたとえた箇所であり、「グルジェフは人をモルモット扱いする」という噂とともに、グルジェフを「悪い魔法使い」のように見立てることが流行した。そしておそらくは、これがのちのちまで尾を引いて、「グルジェフ」またはこれに類する名前の人物が、日本のアニメや大衆小説で「悪玉」として描かれるようにまでなったのである。

この小冊子をもってグルジェフは、一方では学院の活動を再開することで新しく開かれる可能性を強調しながら、他方では主として著作の朗読会を通じて各地に小グループが結成されるのを支援するという、いわば二つの方向性を提示して、その両方について支援を求めた。しかし、学院の再開ということに関しては、この小冊子が幅広く配布された時点で、グルジェフはもうシャトー・プリオーレの所有権を失っており、こちらのほうは実際にはありえなかった。

グルジェフがシャトー・プリオーレの所有権を失うに至った直接の原因は、弁護士もしくはそれと同等の役割を任されていた人物の背反だった。その直前に執筆されたこの小冊子を読むと、グルジェフはこの人物の背反をあらかじめ予期していたことがうかがわれる。学院でのかつての活動の失敗の理由を明らかにし、今後の方針を打ち立てるためにも、グルジェフは、人がだれかから大事なことを教えてもらったり、だれかから助けてもらったりすることでかえっておかしくなってしまうという、一見して道理に反する現象の謎を解き明かす必要があった。そのためにグルジェフは、この問題の人物だけではなく、主として出版資金の調達との関係でつきあいが生じた複数の相手との関係において、自分が与えた特別な条件や意外な厚遇に対して彼らがどのように応えるかを見守っていた。

そんなことを解明するために莫大な資産を担保にするなどということはふつうには想像しがたく、この小冊子でのそれをめぐる話も「まゆつば」もしくは「フィクション」と思われがちだったが、その経緯の一部を目撃したチェコヴィッチが知人に託していた回想録(TT)の発見と公開(2003年)により、実話としての輪郭が定まった。それによると、この問題の人物は、グルジェフによるプリオーレの取得、およびその後の資金面でのやりくりで多大な貢献をしたのと同一の人物である。グルジェフはたいへんな厚遇をもって彼に報い、家族ぐるみのつきあいをしていた。グルジェフの自動車事故の後、グルジェフからほどんど全面的な信任を受けていたこの人物は、破産の方向にグルジェフを導いた後、二束三文でプリオーレを手に入れることを狙う債権者たちの側に回り、彼らの便宜をはかる。

この人物が最後に抱き込んだのは、自動車事故の際にグルジェフをフォンテーヌブローの病院に運んだ元巡査だった。グルジェフは、自動車事故から立ち直った後、車におみやげを満載してこの巡査の家を訪れ、その恩に報いる。それ以来、彼とその家族をたびたびプリオーレに招いて歓待し、シャトー内には彼ら専用の居室を用意し、特別な待遇を与えていた。のちにこの巡査は退職し、グルジェフは彼の願いを聞き入れて、その必要もないのにプリオーレの門番として雇い入れる。かつてグルジェフの命を救ったこの元巡査は、最後には上述の人物の側に立ち、その時点ではまだグルジェフが所有権を維持していたプリオーレの屋敷にグルジェフが立ち入るのを制止する。グルジェフはだまってこれに従った。

グルジェフは、自分はだまされたことにまったく気づいていないというふりを通した。チェコヴィッチが「とても人あたりがよくて仕事熱心なビジネスマン」と評する上述の人物は、「グルジェフにひとあわ吹かせた男」としてその業界で有名になり、それを看板に活躍を続ける。数年後、グルジェフはパリの街角で彼を見かけ、さもなつかしそうに声をかけると、妻と娘も連れて自分がいま暮らしているパリ市内のアパルトマンにぜひごちそうになりに来るように誘った。グルジェフの歓待を受け、飲んで食べて楽しいおしゃべりをして、みんなすっかりいい気分になる。そこでグルジェフは「娘さんにお使いを頼んでもいいかな?」と尋ねる。近所の薬屋でヒマシ油(下剤/浣腸剤)を買ってきてもらいたいのだった。「君たちのために買ってきてもらう」というグルジェフの言葉にふたりは凍り付く。「まずは夫が妻にまたがり、つぎは妻が夫にまたがり、お互いの内奥のいちばん大事なところがクソまみれになるように……」。お客が帰った後、グルジェフはチェコヴィッチに言った。「あの夫婦はもう救いようがないが、今日あったことのおかげで、娘はあんなふうにはならないかもしれない」。ムッシュー・グルジェフの親切はとどまるところを知らなかった。(TT

ここで話題にした『来たるべき善きものの先触れ』と題された小冊子は、グルジェフのオフィシャルな出版物ではない。上述のような多大な反動を招いたうえに、その後の活動の方針に関する記述も見直しを迫られたため、グルジェフはまもなくこの小冊子を回収し、「幸いにも」これをまだ読んでいない人はこれに興味を持たないように忠告した。とはいえ、これは一部でささやかれるように「奇妙てきれつ」な内容のものではなく、むしろグルジェフが恐ろしいまでに誠実にものを伝えようとして書いたという印象を受ける。その恐ろしいまでの誠実さが人をおびえさせたというふうにも感じられる。

* * *

グルジェフは1930年以降も頻繁にアメリカを訪れ、とくに1935年までのあいだ、多くの時間をアメリカで過ごした。オラージュは1932年にイギリスに戻るが、その後も少なくとも形式上はグルジェフとの結び付きを維持した。しかし、オラージュの元生徒たちは必ずしも全員がグルジェフを歓迎したわけではなく、C・ダリー・キングをはじめとする一派は、自分たちがオラージュから学んだグルジェフの教えこそが本物であり、これを「グルジェフの手から守らなければならない」と主張し、さらには「グルジェフは自動車事故によって精神に異常をきたした」という噂を広めだす。同じ噂はイギリスでもささやかれた。

1934年11月6日の朝、グルジェフは著作の第三集の執筆を開始するが、まだ昼にもならないうちに、オラージュがいましがた急逝したという知らせを受ける。それはたまたま、グルジェフが「意図的な苦しみ」という言葉の解釈をめぐり翻訳の担当者と議論している最中であった。グルジェフは同年の夏、昔からの生徒であるオルギヴァンナとその夫であり建築家として名を知られるフランク・ロイド・ライトがウィスコンシン州に設けたギルド的な共同体「タリエシン」を訪れる。

1935年5月、一説によると学院再建のための資金提供を約束していたアメリカのブロンソン・カティング上院議員が、グルジェフとの会見を期してワシントンに向かう途上、飛行機の墜落によって死去する。

* * *

ここに至るまでの経緯からは、『注目すべき人々との出会い』に描写されたグルジェフの父の姿を思わずにはいられない。グルジェフの父の木工場と同じように、学院をめぐるグルジェフの奮闘は、「どれもうまくいかず」、「他の人たちが得るような結果をまるでもたらさず」、ウスペンスキーやオラージュの活躍ぶりとの対比において、あたかも「この方面での才覚のなさ」を証明しているようにも見える。

実際的でなかったわけでも、その方面での才覚に欠けていたわけでもない。それはただ、彼の本性に備わったこの性質のためだった。明らかにまだ子供のころに身に付けたものであろう、彼の本性に備わったこの性質とは、他人の乗せられやすさや運の悪さから個人的な利益を得ることに対する本能的な嫌悪である。MR2, 前掲

それから半年近くのあいだ、グルジェフは行方をくらませる。グルジェフはついに愛想を尽かし、東へと戻っていったのだ。そのように信じる向きが多く、ほんとうにそうだったのかもしれない。

出典に関する情報


A・R・オラージュ

フランク・ロイド・ライト

ジェイン・ヒープ

キャサリン・ヒューム

<キャサリン・ヒュームの回想録より>

グルジェフとの出会い

<グルジェフの著作より>

アメリカに関するベルゼバブの意見BZ42


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home