グルジェフ 創造と進化の図絵 > 生涯に関する叙述

13/14

BACK | NEXT

1939〜44  大戦の勃発/占領下のパリでのミーティング/ムーヴメンツの再開

6 Rue des Colonels Renard
グルジェフのアパルトマン(二階部分)

グルジェフが自動車事故の後に外面的な活動を中断したときも、組織だったかたちでの活動の展開をあきらめたかそれに見切りをつけたと見られる1935年以降も、グルジェフとの絆を保った何人かの者たちは、みずからがグルジェフに多大なものを負っていることを当然のこととして認めながらも、グルジェフから依託されてとかグルジェフに対して責任を負ってとかいうことではなく、基本的にはみずからの責任において、プライベートな規模の小さなグループを主導した。

グルジェフは、「ジェイン・ヒープのグループ」、「ザルツマンのグループ」というように、こうした個人的なイニシアティヴを発動させた人物の名前をもってそれぞれのグループを呼んだ。「グルジェフ・グループ」という言い方や「グルジェフ」という名前を冠した団体名、そしてグルジェフに対して責任を負うというような考え方は、「グルジェフ・ワーク」という言い方と同じく、グルジェフが去ってからの時代の産物である。

グルジェフはそれぞれのグループの独自性を尊重し、異なるグループのあいだでの接触をお膳立てすることはあっても、それらをひとつにまとめあげようとはしなかった。また、特定のグループのメンバーが他のグループのメンバーと「いっしょにワーク」することを必ずしも勧めなかった。ジェイン・ヒープのグループを母体とするThe Ropeへの集中的な関与を終えた後、グルジェフが個人的な支援を与えたのは、マダム・ド・ザルツマンのグループに対してだった。

* * *

1940年6月、ドイツ軍がパリに迫るなか、周囲の者たちはグルジェフを説得して避難させようとするが、グルジェフは郊外に出て様子を見ただけで引き返し、凱旋門の近くの自宅のアパルトマンに戻る。ほぼそれと同時にパリはドイツ軍の占領下に入った。これを機にして、グルジェフは、マダム・ド・ザルツマンが長年にわたりほぼ独力で続けてきた小さなグループでの活動を引き継ぎ、このグループのメンバーたちはグルジェフのアパルトマンでの晩餐や朗読会に招かれるようになる。そこは彼らにとって、外の世界での戦いとは異なる内的な闘いのための場となった。

これらの集まりのうち、1941年から1946年のあいだふつう毎週木曜日に開かれた質疑応答のための集まりでのやりとりを記録した資料を英語にしたものをソリタ・ソラノは米国黒海図書館に寄贈した。ふつうなら割愛または添削するであろうきわどい話やジョークも再現されている。そうした内容とプライベートな文書としての性格ゆえに、この資料の公開の是非については議論があるが、このホームページに併設したアーカイブにはその邦訳を収めている。

このたいへんな書記役を任されたのは、マダム・ド・ザルツマンの縁者であるマダム・エティヴァンの息子のジャックだった。彼の弟のアルフレッドも毎回のミーティングの参加者であった。

「さて、地方検事どの[ジャックのニックネーム]、君は書いて書いて書きまくっているな。私の話を筆記しながら同時に理解するというのは、どう考えても無理だろう。私自身でさえ、ときには自分の話についていけなくなる」

これはザルツマン一族の親類縁者と個人的な交友関係から始まったグループであり、はじめのうちは少人数だったが、途中から急速に参加者が増えていく。メンバーには、作家・詩人のルネ・ドーマル、作家・翻訳家のフィリップ・ラヴァスチン、作家・写真家・社会活動家のルーク・ディートリッヒ、フランス・ラジオ・テレビ局に所属する音響技師で音楽家・作家でもあるピエール・シェフェール、写真家・映像作家のルネ・ズベールなどが含まれる。「ザルツマンのグループ」のメンバーではないが、危険を冒してパリに留まることを選んだイギリス人のエリザベス・ゴードン、コンスタンチノープル以来のつきあいであるチェコヴィッチも、グルジェフのアパルトマンの常連であった。ルネ・ドーマルの妻であるヴェラは、ユダヤ人であるために、ナチス占領下のパリを訪れることには危険が伴ったが、ときおりこの危険を冒してミーティングに参加した。

『ベルゼバブ』の朗読、内的なエクササイズ、そしてそれらのエクササイズや個人的な問題をめぐる質疑応答、そして「馬鹿への乾杯」(Toast of the Idiots)を含んだ晩餐が活動の中心となった。質疑応答の場では、各人各様の課題をめぐる質問に応えるかたちで助言もしくは具体的な取り組みに関する提案が与えられた。

* * *

まもなくグルジェフはムーヴメンツを再開し、これに多大な力を注ぐようになる。前期のムーヴメンツとはやや性格が異なり、独特の法則性を帯びた緻密な振り付けや内的なエクササイズとの組み合わせを特徴とする新しいムーヴメンツが次々に創作される。多くのレパートリーは、「エナジー・ブレンディング」のためのエクササイズとして設計された。これは、はじめはとんでもないと思われるような組み合わせをもって意識を発動させ、頭と体を同時に働かせることによって感情の目覚めをうながし、その場の空気、ひいては各人の内的な環境を一変させることにより、人間を成り立たせている「三つの力」をめぐる秘密を開示するものである。

これはまた、生そのもののなかで観察および体験されるものとして、ただ「勉強」するにはふさわしくない、グルジェフがエニアグラムをもってあらわし『ベルゼバブ』のなかで描写した「二つの根本法則」に関する理解の伝授でもある。これもまた伝達のための新しい言語であったが、むしろいにしえの言語と呼ばれるべきものなのかもしれない。1944年にグループに加わったピエール・シェフェールはこれを「生きた象形文字」と呼んだ。(PS

ムーヴメンツの練習の場となったのは、凱旋門の北寄りに位置し、グルジェフのアパルトマンから楽に歩いて行ける距離にある有名なコンサートホール、「サル・プレイエル」の付属スタジオである。このホールの建築設計にはアレクダンドル・ザルツマンが関与していたという説がある。たしかに「九」をモチーフとするその建築上の意匠はエニアグラムを思わせる。

* * *

グルジェフはミーティングの参加者にみずから用意した晩餐をふるまい、そのうえ1940年の冬に食料難が生じてからは、アパルトマンの裏口に列を作るようになった困窮した人たちに食事を分け与えるようになった。1942年、グルジェフは、「テキサスの油田の権利を譲渡された」という話をでっちあげ、「戦争が終わるまで」という約束で借金をすることに成功する。戦後、グルジェフに関心を寄せるアメリカ人たちがそのツケを返した。

1944年5月、長い闘病の後、ルネ・ドーマルが結核でなくなる。その一ヵ月後、グループのなかで傑出した感受性の持ち主であったルーク・ディートリッヒが爆弾で負傷し、それを原因とする敗血症によって8月になくなる。

1944年8月25日、パリはドイツ軍による支配から解放される。それに先立って、イギリス人であるエリザベス・ゴードンは敵性外国人として収容所に入れられ、解放後まもなく病気によってなくなった。

出典に関する情報


ルネ・ドーマル

ルーク・ディートリッヒ

ピエール・シェフェール

サル・プレイエル

<チェコヴィッチの回想録より>

ムッシュー・グルジェフの日課


NEXT

 

<生涯に関する叙述> 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13| 14 | Home