HOME | Introduction

 

グルジェフ世界紀行

Gurdjieffian Landscape

 

Alexandropol | Kars |  Etchiimiadzin | Tiflis | Ani | Constantinople | France

 

アレクサンドロポル グルジェフの生地にして虐殺の地

Alexandropol

 

グルジェフの父の眠る町外れの墓地から市中央のカセドラルを望む

 

グルジェフは当時ロシア領だったアルメニアのアレクサンドロポル(現ギュムリ)に生まれた。父はギリス系でグルジェフが生まれたときには裕福な羊飼いで、吟遊詩人(アショーク)としても知られていた。母やアルメニア系である。二人の子を身ごもったが幼くして死なれ、土地のキリスト教の風習に沿った贖罪の行をした後にグルジェフを身ごもり、続けて何人もの子を産んだ。ソフィア・マッジとして知られる祖母(おそらく母方の祖母である)は産婆および助言者としてコーカサス一帯に名を知られていた。裕福な一家だったが、牛疫により家畜のほとんどを失い、預かっていた家畜の補償により財産を失った。グルジェフは少年時代より各種の工作、手作業、小さな商いなどをして家計を助けた。


当時のアレクサンドロポルは、ロシアの辺境にあって、ときには危険な衝突を伴いながら多文化・多民族の交わる場所であって、少年時代のグルジェフはそのなかで、いくつかの奇跡的と思われる現象や事件を目撃し、超自然的なものへの関心をかきたてられた。

 
Holy virgin's icon in an Armenian church near the bazaar
(potentially connected with the story of
miraculous  cure of a Tatar young woman reported by Gurdjieff)
 

グルジェフは、アレクサンドロポルでの出来事として、聖処女の夢のお告げによる病気の全快のエピソードについて書きつづっている。

「翌朝、私はびっくりした。市場(いちば)に行く途中、奇跡を呼ぶという聖処女のイコンの置かれたセウ・ジアンのアルメニア教会から、寝込んでいたはずのその娘とその老婆とが出てくるところに出くわしたからである。一週間後には彼女が家の窓ふきをするのを見た。ちなみにレスニック先生によれば、彼女の奇跡的な回復はたんなる偶然だという」(グルジェフ『注目すべき人々との出会い』第五章)

 

 

 この町には、莫大な人間の苦しみの記憶がある。グルジェフの父は、トルコによる地元住民の大規模な殺戮によって殺害された。トルコはこの史実を否定し、これについて論じることを法律で禁じている。かつては正確な情報が得られなかったためであろう、墓石には1917年と刻まれているが、グルジェフ自身の記述と称号してもつじつまがあわず、現在ではこれは1918年5月15日のことだったとされている。


Gurdjieff's father's grave with inscription in Russian of the words indicated by Gurdjieff
Plate and  furnishing added by some "Fourth Way teachers/.students" were removed,
but the grave appeared to be well maintained.
 

 


「人
生におけるままならない事情により、私は愛する父のなきがらが眠る墓をまだこの目で見たことがなく、いつかそこを訪れるということもできそうにない。そこで、父に捧げたこの章を締めくくるにあたり、私は自分の血を分けた、あるいは精神を分けた息子らに対して頼みたい。おまえたちのうちだれかが、それが可能になりしだい、もっぱら群衆本能という人類の病(やまい)によって見捨てられた、ひっそりとたたずむその墓を探し当て、次のように刻んだ墓石を立ててほしいと。

 

I AM THOU,

THOU ART I,

HE IS OURS,

WE BOTH ARE HIS.

SO MAY ALL BE

FOR OUR NEIGHBOUR.

 

我は汝である、

汝は我である、

主はわれらがものであり、

われわれは主のものである。

われらが隣人においても、

かくのごとくあらんことを。」


(グルジェフ『注目すべき人々との出会い』第二章)


Alexandropol | Kars |  Etchiimiadzin | Tiflis | Ani | Constantinople | France

©Plavan N. Go, 2018 | Home