Home > Introduction
 

グルジェフ世界紀行

「世界紀行」シリーズ: カルス | アニ | コンスタンチノープル | フランス

フランス

<対立する二極の間での生命の変容>
アヴォンの墓地の一角にあってここだけが生命に満ちている。


フォンテーヌブロー = アヴォン 

シャトー・プリオーレ グルジェフの学院跡

 

プリオーレの敷地内にあるル・パラドゥ ひとつ上の写真の左手奥

 

[グルジェフはよく、プリュウレの屋敷の西側に広がる庭園に面したベンチに座り、執筆にあたったり、弟子たちと対話したりした。]

私が思い出すのは、二匹の孔雀と一匹ずつの猫と犬を従えて、私の忘れがたい老母がゆっくりと小道をこちらにやってくる姿である。

ここでどうしても言っておきたいのは、私の母とこれらの動物たちとの間の特別な絆についてである。それはまったく現代人の間では尋常ならざるものだった。

本性の異なるこの四匹の動物たちは、私の母がいつ家から出てくるかをあらかじめわかっていて、家の扉の近くでひとかたまりとなって母が出てくるのを待ち、そして母が出てくると、そのお供をするのだった。

必ず猫が先頭に立ち、二匹の孔雀は両脇につき、犬は後からついていった。

「ル・パラドゥ」という名前の家からこうして母が出てきて、私のいるほうに向かってくると、「ル・プリオーレ」の建物からは妻が出てくる。[…中略…]

ふたりは私をはさみ、ほとんど私に触れんばかりに左右に座ると、私のじゃまにならないようにとても静かにしていたのだが、私が執筆に集中して前かがみになるたびに、私の背中でお互いに何かをささやきあった。

このふたりの間でのささやきと、ふたりの間での完全な理解は、私をつねに深く感動させた。

私の母は私の妻の知っている言語をひとつも知らず、私の妻も私の母の知っている言語をひとつも知らなかった。それなのに、ふたりは日常的な意見の交換に不自由しなかったばかりか、とても短い間のうちに、お互いが経てきた特別な経験やそれまでの人生のことについて伝えあったのである。この求心的な愛という共通の目的のために、ふたりはまもなく、さまざまな言語から単語を借りた、ふたりのためだけの特別な言語を作りだしたのだった。

(グルジェフ『生は<私が存る>ときのみリアルである』)

アヴォンの鉄道橋

  

フォンテーヌブローの宮殿と森


パリ

 

カフェ・ド・ラ・ペ グルジェフはここで『ベルゼバブが孫に語った物語』を執筆した。

 

カフェ・ド・ラ・ペからオペラ座を見上げると
 天使や聖人の像が『ベルゼバブ』の物語世界をほうふつとさせる。

 

エトワールとグルジェフのアパルトマン

トワールとは多数の街路が放射状に伸びる中心である凱旋門広場のことで「星」を意味する。グルジェフのアパルトマンはそのそばにある。

「立ち止まるべきではない。闘いを再開しなさい。君はエトワールに行きたいのだが、まだルー・ダルメイユ[グルジェフのアパルトマンを出たところ]にいる。エトワールはまだ遠い。さらにカルノ通りを上り、二十本目の街灯の角を右に折れる。これが正しい行き方だ」

(グルジェフ「ミーティングの記録」より

  

「私たちはカフェ・ド・フロールに席を確保していた。そこは私たちの集合場所で、グルジェフのアパルトマンまでの徒歩での小旅行に出かける一時間前にそこに集まり、話し合いをした。 そして、元気のよい者は、そのころはラビー通りにあったグルジェフのアパルトマンまでパリを徒歩で横断した。グルジェフがふるまう豪勢な食事に備えて食欲を高めるためにも、たくさんの料理を食べた後のフィットネスのためにも必要なことだった。私たちは、ボナパルト通りをセーヌの岸辺まで下り、カルーゼル橋を渡り、花咲くチュイリュリ公園を突っ切ってコンコルド広場へと抜け、灯火の輝くシャンゼリゼ大通りのゆるい坂を昇ってエトワール[凱旋門広場/星]を目指した。私たちの目的地は、文字どおり、地を離れたところにあった」

(キャサリン・ヒューム "Undiscovered Country")

 

サル・プレイエル。ここの付属スタジオでムーヴメンツの練習が行われていた。
建物の設計にはアレクサンドル・ザルツマンが関与したという一説があり、
建物前面にもあらわれた九のモチーフはエニアグラムを連想させる。

 

サル・プレイエルのそばにあるアレクサンドル・ネフスキー寺院。
ここでグルジェフの葬儀が執り行われた。


©Plavan N. Go, 2006