HOME | Introduction

 

グルジェフ世界紀行

Gurdjieffian Landscape

 

Alexandropol | Kars |  Etchiimiadzin | Tiflis | Ani | Constantinople | France

 

チフリス ポゴジャンとイエロフとの日々 & 『魔術師たちの闘争』

Tiflis, Georgia

 

 

アレクサンドル・ザルツマンが『魔術師たちの闘争』の背景画の一部に書き入れた木造のモスクの塔 

チフリス(トビリシ)はトランスコーカサスにおける最大の都市であり、グルジェフは青年時代にそこで鉄道の仕事をしながらポゴジャンとイエロフという二人の親友と時を過ごしたほか、ロシア革命後の動乱のなかでロシアの中央を脱した後、グルジアのメンシェビキ政権からの支持を受けて、チフリスに学院を設立、ザルツマン夫妻との出会いを契機に、舞踏・音楽を取り入れた活動を本格的に追求しだした。国立劇場での上演を目指してバレエ戯曲『魔術師たちの闘争』の稽古を集中的に行っている。

   
 

青年時代のグルジェフは鉄道関係の仕事を見つけ、チフリスの中心街より北寄りにある鉄道駅の近くに下宿した。チフリスで本をあさるうちに知り合って親友となった古本屋のイエロフもそこに引っ越してくる。さらにポゴジャンもやってくる。駅の近くの小公園であるムシュタイド公園をよくいっしょに散歩した。『注目すべき人々との出会い』に収められたそうしたエピソードのほか、『ベルゼバブ』の第一章には、チフリス鉄道駅で働くカラペット老人をめぐるエピソードが収められている。

チフリス鉄道駅 | バクー行きの列車 | ムシュタイド公園
The Tiflis railway station and Mushtide, a park nearby, where Gurdjieff used to stroll with Yelov and Pogosian.

チフリスはパリにならった芸術の中心地で、国立劇場でのオペラ『カルメン』の上演との関係で、音楽家のハートマン夫妻は舞台芸術家・舞踏教師のザルツマン夫妻と知り合い、これを契機にグルジェフは舞踏・音楽の分野での活動を本格化した。グルジェフによるムーヴメンツの初めての公演もこの劇場で行われた。

国立劇場とその付近にある聖ゲオルギーにちなんだ教会。聖ゲオルギーはグルジェフおよびグルジアの守護聖人。
The state theater where Gurdjieff rehearsed the Struggle of the Magicians and did the first public demonstration
of the Movements and the St. Geoge's charge stuated nearby.

町の南寄りには温泉街がある。そこでアレクサンドル・ザルツマンが『魔術師たちの闘争』の第一幕の背景に描いた風景を発見。

This appears to be the landscape reproduced by A. Salzman in his painting of
the first scene of the Struggle of the Magicians.


Alexandropol | Kars |  Etchiimiadzin | Tiflis | Ani | Constantinople | France

©Plavan N. Go, 2018 | Home