Home > Introduction > 生涯に関する叙述

1/14

NEXT

1866?〜 出生/幼少時代/家族

ゲオルギー・イヴァノヴィッチ・グルジェフは、1866年ごろ、アルメニア(当時ロシア領)のアレクサンドロポル(現ギュムリ)で、ギリシャ系の父とアルメニア系の母のもとに生まれた。アルメニア語、ギリシャ語、ロシア語を母国語とする。

父は裕福な羊飼いだった。その祖先はビザンチウム陥落後のオスマン・トルコによるキリスト教徒の迫害を逃れてカパドキアに移り住んだのち、大きな家畜の群れを引き連れてアルメニアへとやってきた。父は「アショーク」と呼ばれる吟遊詩人でもあり、これは文学と音楽においてのちにグルジェフが発揮した独自の才能の背景となった。

グルジェフは長子として育つが、厳密に言うならば三番目の子だった。先に生まれた二人の子はいずれも生後まもなくして死に、これを自分自身のありかたにかかわる運命的な警告と受け取った母は、裕福な身の上でありながら、ふつうは貧しい人たちのみがすることとして体面的な考慮や世間的な自尊心の放棄を伴う宗教的行為にいそしみ、恩寵を求める。そして生まれたのが、ゲオルギー・イヴァノヴィッチだった。続いて弟のドミトリ、そして四人の妹が生まれる。(TT/MR2)

グルジェフの母方の祖母は、伝説的な産婆だった。産婆であるに留まらず、民間の治療家および善意の助け手として人々の信望を集め、黒海とカスピ海にはさまれたトランスコーカサス地方一帯から来訪者が絶えなかった。遠方から訪れた人たちは彼女の家の前に用意された今で言うなら「駐車場」に馬車や荷車を停め、そこでキャンプ生活を営んだ。「ソフィア・パッジ」(パッジはシスターの意味)という尊称をもって知られたこの祖母は、グルジェフが生まれたときにまだ健在であった。グルジェフは、彼自身の言葉によると「まだ小さな太っちょ」だったころににその臨終の場に立ち会い、強い印象を受ける。(TT/BZ1)

グルジェフが七歳ぐらいになったころ、グルジェフの父は、地域一帯を襲った家畜病により甚大な損害を受け、財産のすべてを失う。父は木工場を兼ねた製材所を営むようになるが、商売は思うようにいかなかった。

1877年、ロシアはトルコに宣戦布告し、アレクサンドロポルから国境をはさんだところにあるカルスを占領する。ロシア領となったカルスでは要塞の建築と移民の流入が始まった。父の商売が波に乗ることを願って、一家はカルスに移り、グルジェフはそこで学校に通う。(MR2)

出典に関する情報

 


<著作からの抜粋>

父についてMR2


NEXT