Home > Introduction > 生涯に関する叙述

2/14

BACK | NEXT

1878〜  カルスでの少年時代

グルジェフはカルスで学校に通いながら父の仕事を手伝い、さらには自分で小規模な商売を営むようになる。

カルスに移った後、父はまず私をギリシャ系の子弟のための学校に通わせたが、まもなくロシアの公営の学校に転校させた。私は覚えが早く、ほんの短い時間で予習を済ませることができたので、空いた時間のすべてを使って、父の作業場で手伝いをした。 まもなく私には自分自身の顧客ができた。最初に私の顧客となったのは私の仲間の子供たちで、私は彼らのために鉄砲や筆箱などを作ってやった。やがてだんだんにもっと本格的な仕事もするようになり、人の家に行って、あらゆる種類の小規模な修理を請け負った。(MR2

グルジェフの末の妹であるソフィアの回想によると、グルジェフは各種の手作業や工芸に関心を寄せ、いろいろな職人のところに出入りして、手助けを提供するのと引き換えに各種の技術を教えてもらった。編み物、針仕事、刺繍を覚え、花火、玩具、銃器、造花、うちわ、ランプシェード、豚の貯金箱、色塗りの石膏細工など、多種多様な商品を自分で作るようになった。(TT)

グルジェフは丘の上の要塞(下の写真)にある陸軍大聖堂の聖歌隊の一員となり、司祭長ボルシュ神父から精神的な訓育を受ける。家族は彼を聖職者にしたいと思っていたが、聖職者は医者でもあらなければならないというボルシュ神父の意見から、将来どちらの道にも進めるような勉強をすることになり、個人的な指導も受けつつ、多様な分野で学業を積んだ。グルジェフは、ギリシャ語、アルメニア語、ロシア語でさまざま本を読むようになり、身近で起きたいくつかの出来事がきっかけになり、超自然的現象への関心を覚えるようになる。

精神的な事柄への関心を深めた理由のひとつとして、グルジェフは最年長の妹の死を挙げている。グルジェフ自身も狩猟中の事故で危ない目にあい、さらには聖歌隊仲間のカルペンコとのあいだでの決闘(砲兵練習場での度胸試し)であやうく死にかける体験をする。あるとき、グルジェフは「魂」の実在に関する意見を父に求める。父はそれに対して次のように答えた。

「どんなふうに答えたらよいものか。 人には魂があり、それは死後も独立して存続し、転生をくりかえすと言われているが、人々が信じるそのような魂を私は信じない。とはいえ、人生を通じて人のなかになにものかがたしかに形成を遂げていくということを私は疑いようもないこととして認めている。私なりの言い方でこれを説明するなら、人はある種の特質をもって生まれ、この特質ゆえに、人は人生における体験を通じて、みずからの内面になんらかの物質を蓄えていく。そしてこの物質から、人の内面にはだんだんになにものかが形成され、それはやがて、肉体とはほとんど独立したひとつの生命を帯びるようにもなりうる」(MR2

グルジェフの著作の第二集『注目すべき人々との出会い』には、このころのエピソードが豊富に収められている。

出典に関する情報

カルス川と要塞(現景)
正面の建物はグルジェフの一家も通ったかもしれない古くからのトルコ式浴場


NEXT