Home > Introduction > 生涯に関する叙述

3/14

BACK | NEXT

1882?〜  「真理の探求者たち」

グルジェフの自伝的な物語によれば、カルスの砲兵練習場でのカルペンコとの「決闘」事件が噂になり、「やばい」雲行きとなったため、グルジェフはしばらくカルスを離れることに決め、グルジアのチフリス(トビリシ)へと向かう(MR9)。チフリス神学校の有名な聖歌隊に入るのが夢だったが、これはかなわず、グルジェフはチフリス鉄道駅に所属する機関夫として働く。さらにこの時期、アルメニア教会の総本山であるエチミアジンを訪れたり、三ヶ月にわたり修道院に弟子入りしたりもした。

私は若くして、自分の当面の必要を満たすに足りるだけ稼ぐ能力を身に付け、そして実際にそれができた。だが、私はとても若いうちから、生命の意味と目的をめぐる理解へと私をのちに導くことになる抽象的な問題に興味があり、すべての時間と注意をそれに向けていた。異常な教育のせいで、現代人が意識的または本能的にする努力はどれもこれもが生活のために稼ぐという目的ゆえのものとなってしまっているが、私の場合はそうではなかった。(MR11

グルジェフは、ひとりで、あるいは仲間と連れ立って、精神的な欲求を背景にした探索行をくりかえすようになる。はじめてコンスタンチノープルに滞在してダルヴィッシュ(いわゆるスーフィーの修行僧)との親交を結んだのもこのころと思われる。また、これも自伝的な物語によれば、グルジェフは、アレクサンドロポルとカルスの中間に位置するアルメニアの旧都アニの廃墟(下の写真)で友人のポゴジャンと発掘作業をするなか、決定的な内容を含んだ古文書を見つけ、これがその後の二十余年にも及ぶ探求の旅のきっかけとなった。(MR5

物語によると、このときグルジェフとポゴジャンは、精神的な欲求に導かれたこの探索行を実現するための手段として、民族対立のなかにあってその存続が危ぶまれるアルメニア人の保護を求める民族結社からの密使の役割を請け負った。ふたりははじめ徒歩でクルディスタンを越え、現在のイラクの方角へ向かうが、旅の途中での意外な発見から行き先を変え、エジプトへと向かう。これも物語によると、グルジェフはエジプトで、ふたりの年長の探求者、プリンス・ルドヴェドスキーとスクリドロフ教授に邂逅し、のちに「真理の探求者たち」という名前をもって結成されたグループでの仲間として、アジアやオリエントの辺境への探検行を共にするようになる。グルジェフの若き日の「決闘」の相手であるカルペンコもこのグループの一員となった。

出典に関する情報

アニの教会跡 (現景)

<著作からの抜粋>

探求に向けての抑えがたい衝動HC


NEXT