ウスペンスキー『奇跡を求めて』

 Amazon Kindle 販売中

  本書『奇跡を求めて』は、一九二四年一月にグルジェフとの絶縁を宣言した後のP・D・ウスペンスキーがグルジェフとの過去の関係を振り返って執筆したものだが、彼はこれを公表せず、出版されたのは彼の死後である。主として一九一五年から一九一八年にかけてグルジェフがロシアで説いた宇宙と人間をめぐる体系的な教えの多岐にわたる膨大な内容を克明に再現している。そこに引用された言葉の正確さはのちにグルジェフ自身によって確認されている。

 たいへんな価値がある記録でありながら、本書は多大な誤解の原因ともなってきた。その背景として、本書の原稿はほぼ間違いなく、一九二四年七月の自動車事故の後、グルジェフが早々に消え去ることを予期し、その後の時代に自分が代わって権威を獲得すべく、自分とグルジェフのかつての関係を物語るとともに、グルジェフと縁を切った自分の立場を正当化し、自分の解釈に基づく「システム」の優越性を訴えるべく書かれたものである。実際、 『奇跡を求めて』に収められたウスペンスキーの説明や主張のなかには、その正当性が疑われるものが少なからず含まれている。

 ウスペンスキーについて関係者への聞き取りやロシア語文献の調査を含めた本格的な研究を行った歴史家のジェイムス・ウェブは、『奇跡を求めて』を「とても正直に書かれたとても人を欺く本」と評し、「その厄介な性格はまだ一度もきちんと論じられたことがない」と述べた。いわゆる定番の読み方をし、ウスペンスキーの提供する説明にいちいち納得し、わかったつもりになるぐらいなら、読まないほうがよい本である。

 さらに掘り下げて読んでこそ、本書の真価があきらかになる。この新しい日本語訳は、実質的な理解を求めてけっして生易しいものではない本書の内容に取り組もうとする読者のために、明確さを重視した訳文に豊富な注釈と解説を追加したものである。膨大な内容を三つに分け、その第一部となる本書には、内容的にもまとめて読むにふさわしい第一章から第六章までを収めた。

 

単行本換算:約290ページ(本文+注釈+解説)

 

本編(P・D・ウスペンスキー)

◎第一章〜第六章(下のトピック一覧を参照)

 

解説(郷 尚文)

◎P・D・ウスペンスキーの生涯と『奇跡を求めて』の背景

◎奇跡を求めての旅路の果て:カメラと拳銃

◎ウスペンスキーの写っていない写真集

◎複数の自分:三人のウスペンスキー

◎ウスペンスキーのロマンス:「いっしょに奇跡を探そう!」

◎アンナ・ブトコフスキーが回想する「奇跡の発見」

◎ペテルスブルグ・グループの六人組のエピソード

◎センターをめぐる大混乱:頭が良いのか悪いのか?

 

第一章:インドからの帰還〜戦争と「奇跡的なものの探求」〜「スクール」をめぐるかねてよりの考え〜さらなる旅の計画〜東洋とヨーロッパ〜モスクワの新聞で目にした『魔術師たちの闘争』の予告記事〜インドのことを扱った講演〜Gとの出会い〜「変装した男」〜最初の会見とスクールに関するGの意見〜Gのグループ〜『垣間見た真理』〜その後の会見でのやりとり〜Gによるモスクワのグループの運営〜支払いと必要物をめぐる問題〜グループに加わったばかりの人に条件は課さない〜時が来たなら決めなければならない〜インドに行くことは役に立つか?〜「哲学」、「理論」、「実践」〜「システム」の起源〜人間は外部の影響力に支配された「機械」である〜すべて起きるがまま〜人は「為す」ことができない〜「為す」より先に「在る」べし〜人間はみずからのことに責任を取れるが機械に責任などありえない〜機械を知るのに心理学が役に立つか〜「事実」との遭遇の約束〜戦争を止められるか?〜月も惑星も生きている〜太陽と地球の「知性」の度合い〜「主観芸術」と「客観芸術」

 

第二章:一九一五年ペテルスブルグ〜ペテルスブルグにやってきたG〜グループ〜「エソテリック」な取り組みと「牢獄からの脱出」の話〜牢獄を出るための条件〜だれがどのようにして助けを提供しうるか?〜ペテルスブルグでのミーティングの始まり〜死を越えての生に関する質問〜いかにして不死性に到達しうるか?〜「イエス」と「ノー」の間での闘い〜正しい土台の上での結晶化と誤った土台の上での結晶化〜犠牲の必要性〜Gとの会話と私による観察〜じゅうたん商人になりすましたG〜Gが彼自身について話したこと〜古くからの知とそれが隠されている理由に関する質問〜知は隠されていない〜知の物質性と人々による知の拒絶〜ふたたび不死性について〜人の育てうる四つの体〜金属粉が詰まった容器のたとえ〜ファキールの道、修道僧の道、ヨギの道、そして「第四の道」〜文明・文化などあるのか?

 

第三章:Gの人間に関する基本的な見方〜統一のなさ〜複数の「私」〜人間機械の構造〜意識の働きに関係した複数のセンター〜三つのセンターか五つのセンターか?〜性センターおよび性のエネルギーの不適切な流用の話〜Gの教え方への不満〜人間の進化ということ〜機械的な進歩はありえない〜ヨーロッパにおける人間の進化の捉え方〜自然は一定の限度を越えた人類の進化を望まない〜月の食べ物〜個人の進化ならば許容される〜人間をめぐる現実を知ることの必要性〜個としての自分のなさと意志のなさ〜複数の小さな自分がしでかすこと〜だれが責任を負わされるのか〜主人の留守中に家を任された召使いたちに関する東洋の寓話〜まずは執事代理を選びなさい〜釘の突き出た寝台に横たわるファキールと仏教徒の魔術に関するやりとり

 

第四章:Gの教え全般に関する思い〜少し前の自分を思い出す〜知識における成長と存在における成長〜存在のレベル〜知識と存在の不一致〜存在を置き去りにした知識だけの発展あるいは知識を置き去りにした存在だけの発展の行き着くところ〜「理解」について〜知識と存在の所産としての理解〜理解することとたんに知ることの違い〜三つのセンターの働きの結果としての理解〜あれこれ名前を付けるだけで満足する傾向〜知識と理解の分離の一因としての言語の問題〜どうして人々は互いを理解できないのか〜「人間」という言葉に人が与えるいろいろな意味〜新しく学ばれるべき言語〜万物の間の相対的関係性の自覚〜進化ということを中心に据えた物の見方〜「人間」の七通りのありかた〜人間の七通りに対応した他の七通り〜「世界」という言葉に人が与えるいろいろな意味〜相対性関係性の観点から「世界」という言葉を捉え直す〜宇宙の根本法則〜「三の法則」もしくは性格が異なる三つの力に関する法則〜現象が生じる条件としての三つの力の必要性〜第三の力〜どうして人は第三の力を自覚しないのか〜太古よりの教えにおける三つの力の扱い〜《絶対》の意志による世界の創造〜「創造の光」に沿って生じる一連の世界〜個々の世界を支配する法則の数

 

第五章:宇宙の成り立ち〜創造の光と《絶対》に始まるその発展〜現代的な宇宙観への反論〜創造の光の終端としての月〜《絶対》の意志〜奇跡の定義〜宇宙におけるわれわれの位置〜月は有機的生命に養われる〜月からの影響と月からの解放〜それぞれの世界の「物性」の度合い〜「振動」からなる宇宙〜《絶対》からの距離に応じた振動数の低下〜物質の七層〜人間の育てうる四つの体と宇宙の構造との対応関係〜地球の位置〜「三つの力」と物質がそのときどきの役目に応じて帯びる性格〜物質の「原子」〜C、O、N、Hという物質の四態のあらわしかた〜三つの力と物質の四態〜人間は不死の存在か?〜不死性の意味〜第四の体を得た人間〜神の万能性に対するある神学生の反論〜月に関する話〜時計の振り子のようなものとしての月〜普遍言語の三つのありかた〜最後の晩餐について

 

第六章:目標について〜教えに目標を持たせるわけにはいかない〜生の意味を尋ねているのではない〜各自の目標〜未来を知ることができるようになりたい〜死を越えての存続の確信を得たい〜自分自身の主人になりたい〜は真のキリスト教徒になりたい〜人を助けたい〜戦争を終終わらせる方法を知りたい〜各自の願いに関するGのコメント〜運命、偶然、意志〜狂った機械の未来は予想しがたい〜知られざるキリスト教〜人は何を目指すべきか〜人の内的な奴隷状態の原因〜解放への道は何から始まるか〜「汝自身を知れ」ということ〜自己知の追求〜いかに自分について学ぶか〜留意と分析〜最初は分析を控えなさい〜人間機械の働きの基本原理〜センターということを意識した自己観察〜思考センター、感情センター、運動センター、本能センター〜どのセンターの働きであるかを判別する〜機械の働き方を変えようとするとどうなるか〜バランスの崩れ〜機械はどのようにしてバランスを回復しようとするか〜意図せざる変化の可能性〜センターの誤った働き〜個々のセンターが自分の本来の仕事をしないで他のセンターの仕事に手を出そうとする傾向〜感情・感触・運動の領域への思考の口出しとその結果〜空想にふける傾向と思考・感情・運動の各センターの関与〜自己観察のためにいつもの習慣に逆らう〜感情センターの習慣に逆らう〜不快感のの表明をやめてみる〜機械性の自覚〜正しい自己観察から生じうる変化〜運動センターについて〜人間の挙動の一般的な分類〜センターの区別に基づく分類〜本能の働き〜本能センターの働きと運動センターの働きの区別〜体をもって感じることと心をもって感じることの区分〜センターの階層関係

HOME