ウスペンスキー『奇跡を求めて』

 Amazon Kindle版 販売中

本書『奇跡を求めて』第二部には、第七章から第十二章までを収めている。第一部の内容を発展させ、グルジェフにおいて中心的な位置を占めるいくつもの主題を扱っている。

第七章は、「自己想起」と呼び習わされてきた「自分への留意」に関するウスペンスキーの広く知られた講釈を前半に収めている。後半には、本書の第三部で取り上げられるエニアグラムを理解するうえで基本となる「七の法則」(オクターブの法則)に関するまとまった講義の内容が収められている。

第八章の前半は、第七章の前半でのウスペンスキーの講釈と対立する関係にあり、大きく食い違った内容になっている。それもそのはずで、グルジェフがモスクワに戻っているあいだにウスペンスキーが自分の力で発見したと信じ、サンクト・ペテルスブルグのグループの他のメンバーに吹聴していたことの内容に対し、グルジェフはこのとき応答したのである。

第九章は、「三の法則」と「七の法則」に関する講義を発展させ、宇宙のなかにも人間のなかにも見られる上向きまたは下向きの流れにそった動きのロジックを「水素論」および「食物論」として扱っている。難解と見なされがちな章であるが、エニアグラムの背景にある理論的な枠組みとして、これを読んでおくことの価値は大きい。『グルジェフ総論:エニアグラム』および『グルジェフ総論:三つのセンター、三つの体』での論述も、これに多くを負っている。

第十章の前半では、人はいかにして道の始まりにたどり着くのかが論じられ、後半では、階層ごとに異なる意識のありかたやものの見え方の違いを考慮した、先に論じられた宇宙論とは異なる「コスモス」論が展開され、ウスペンスキーはお得意の「多次元論」の立場からこれを解釈すべく奮闘する。

第十一章は、ウスペンスキーのコメントがない「ウスペンスキーだんまりの章」である。第七章でのウスペンスキーの「自己想起」への思い入れをよそに、「一粒の麦もし死なずば」という福音書からの引用で始まる長い講義で、グルジェフは、自分を知ることが行き着くべき最初の目標は「自分は無であることの自覚」であるとし、人のなかにあってこの自覚をもって目覚めることを妨げるもの、人を現状に留める催眠性の力としてのクンダリーニ、グループでの取り組みの役割とそれが人に課すところの試練といったことについて語る。

この第二部で扱われているのは、時期的には一九一六年の春から夏ごろまでの講義とやりとりの内容であり、最初のうちは「自己想起」をはじめとする考えに有頂天になっていたウスペンスキーが、自分を相手にすることへの抵抗もしくは無関心から、教えの理論的な側面への興味を残しながらも、みるみる不満をつのらせていくありさまがうかがわれる。

「自己想起」ができたと思ったのは思い違いだった、自分について話をしろと言われたが自分にはそれがうまくできない、グルジェフが何を求めているのか自分にはわからない、もう前みたいにぼくのするあれこれの質問に答えてくれないし……。第十二章では、そういうことから不機嫌になったウスペンスキーを相手にグルジェフは、ウスペンスキーが前々からこだわっていた「生の反復」の話をしてやる。

これに続く本書の第三部では、それでもいまだに「奇跡を見せろ」という態度を変えないウスペンスキーに対し、グルジェフはとうとうその要求に答える。それでどうなるか?

単行本換算:約325ページ(本文+注釈+解説)

本編(P・D・ウスペンスキー)
◎第七章〜第十二章(下のトピック一覧を参照)
解説(郷 尚文)
◎ウスペンスキーが音を上げた「水素表」(第九章 表1)を読み解く
◎「自己想起」をめぐる叙述のトリックとその裏にあるストーリー

【トピック一覧】

第七章:宇宙意識?〜そもそも意識とは?〜「自分を観察して気づいたもっとも重要なことは?」〜「システムにおけるいろいろな教えの結び付きです」〜「自分に意識が向かっていないことがどうしてわからんのか?」〜あなたのなかではあなたならぬもの(it)があれこれ観察したり考えたりしている〜「自分への留意を保ちつつ自分を観察しようとしてみなさい」〜ウスペンスキーがやってみる〜できないとわかってこそ多くを知った〜ウスペンスキーが考えた注意の分割法〜これは可能である〜自分を感じたり吟味したりすることとは無関係?〜過去の鮮やかな記憶との関係性〜大発見をしたという自負〜目を開けたままの眠りとそこからの目覚め〜これこそ「ワーク」の真髄だ〜ウスペンスキー「自己想起」を人に説きだす〜人間の研究と宇宙の研究を並行させる〜三の法則に次ぐ根本宇宙法則としての七の法則(オクターブの法則)〜振動数の上下における不連続性/非線形性〜七音階〜オクターブ中の二つのインターバル〜インターバルで必要とされる追加的ショック〜追加的ショックがないとどうなるか〜目指した方向からの避けがたいずれ〜ついに正反対の方向に向かう〜同じレベルにずっと留まれるものはない〜上るか下るか〜上りと下りを正しく認識できない〜物事を為すうえで追加的ショックに配慮することの必要性〜下向きのオクターブとしての創造の光と有機的生命の役割〜諸惑星からの影響力の伝達〜ソ(太陽)で枝分かれした新しいオクターブのラソファが有機的生命を形成する

第八章:意識の四つのありかた〜眠り、通常の覚醒状態、自分への留意がある状態、客観性を帯びた意識のありかた〜自分への留意のなさ〜自分への留意を得るための最初の条件〜高次の意識状態と二つの高次のセンター〜ふつう人は目を開けていても眠っている〜人は眠りのなかで一生を過ごす〜いかに目覚めるか?〜人は本来的には自己を意識できる存在である〜眠れるひとたちからの影響〜人間の可能性〜自分について知ろうとすること〜心のなかで自分の写真を撮る〜二人の自分〜でしゃばるほうが偽物〜自分を相手にした取り組み〜「ウスペンスキー」を部下にする〜「ウスペンスキー」に全注意を向けることでそれに対峙する自分の感触を育てる〜わかったと思っているだれかへの警告〜師への不信と知ったかぶり〜自己欺瞞を脱するのは難しい〜どうして人は自分自身を覚えていられないのか〜「同一化」について〜「内的考慮」と「外的考慮」〜「正義」との同一化〜「正直にふるまう」という欺瞞〜人のなかで働く緩衝器〜道徳とは別のものとしての良心〜道徳の主観性〜だれもが自分は善に仕えていると思っている〜さまざまな善悪観とその結果〜人間がもちうる唯一の恒久的な善悪観は進化の考えと結び付いたものだ〜嘘から脱するには緩衝器の破壊を要する〜ふつう人は緩衝器なしでは生きていけない〜自分の意志が育つまでしかるべき人物の導きを受ける必要性〜自分は無であることの自覚〜したくないことをさせられるのではないかという理不尽な恐れ〜人格と本質〜人格だけで生きる空っぽの人間〜ふつう本質は子供のまま〜本質が成長しない理由は人格にある〜まずは総則から逃れる〜嘘と偽りから脱することで人格の支配を弱める〜金銭による支払いを求めることの道理

 

第九章:「創造の光」を《絶対》からの月までの三つのオクターブとして捉える〜宇宙の異なる階層に属する各種の物質を人間との関係で分類する〜三の法則の観点からオクターブの発展を捉える〜下向きのオクターブ中でのC+O+N→Hの展開のパターン〜NがCに転じる〜十二の三つ組から十二の水素(H)を得る〜人間が受け付けられる上限を水素1として番号を振り直す〜水素表〜物質の知性〜「原子」の概念〜同じ水でも液相と気相では宇宙および精神・意識との関係における性質が異なる〜人間のあらゆる働きと状態はエネルギーに依存する〜人間のなかにある物質群〜持てるエネルギーをうまく使うなら自分を相手にした取り組みをするに足るだけのエネルギーを確保できる〜エネルギーの無駄使い〜精妙なものを粗雑なものから分離する〜各種の水素の産出〜人のありかたの変化〜体のなかで別の体が育つ〜人体を三階建の工場にたとえる〜三種の食物〜ふつうの食物、空気、印象の取り入れ〜オクターブの法則に従った物質群の変成〜ふつうの食物のオクターブと空気のオクターブ〜高次の水素の産出〜通常の条件下では印象のオクターブはまったく進展しない〜印象を受け取る瞬間に人為的なショックを付加することの可能性〜自分への留意を保とうとする意識的な努力〜結果として起こりうる印象のオクターブと空気のオクターブのさらなる進展〜意識的に付加されうる二つ目のショック〜感情の領域での努力とそれに向けての準備〜人間と宇宙の間の相似性〜人間の内的な働きの進化の三段階〜感情の変容〜錬金術〜個々のセンターは互いに異なる水素で働く〜二つの高次のセンター〜下位のセンターの誤った働き〜あらゆる内的な過程の物質的性格

 

第十章:人はいかにして道を歩みだすのか?〜偶然による支配〜人の受ける影響力の種類〜生活の営みのなかで生じる影響力〜生活の営みの外部から到来するその源においては意識的であった影響力〜磁力センター〜道を探し求める〜知っている人を見つける〜意識的な源から発する影響力の直接の作用〜偶然による支配から脱する〜最初の一段から階段を経て道の始まりに至る〜第四の道が求める特別な条件〜磁力センターが歪んで形成されることもある〜誤った道をどう見分けるか?〜用意ができていない生徒ほど完璧な教師を求める〜複数のコスモスに関する教えが知の起点となる〜小宇宙と大宇宙という単純化した見方〜コスモス間の関係は一と無限の関係である〜相対的関係性の原理〜「上方への道は下方への道でもある」〜奇跡とは何か〜「個々の次元の世界の固有周期」〜七つのコスモスの理論を自説の次元論と結び付けようとするウスペンスキーの試み〜「時間は息である」というGの言葉〜「ミクロコスモス」の意味に関するウスペンスキーの議論

 

第十一章:「一粒の麦もし死なずば……」〜世に知られていない箴言集がある〜目覚め、死に、そして生まれる〜人が新しく生まれ直すことを妨げるものは何か?〜人が死ぬことを妨げるものは何か?〜人が目覚めることを妨げるものは何か?〜自分は無に等しいことの自覚の欠如〜自分は無に等しいことを自覚するとはどういうことか?〜なにがこの自覚を妨げるか?〜生活からの催眠的影響〜人がそのなかで一生を過ごすところの眠りは催眠性のものである〜魔術師と羊〜「クンダリーニ」と称されるところの空想の力〜目覚まし時計が必要である〜組織立った取り組み〜グループの必要性〜独力で取り組みたがる傾向〜グループのなかで各自が自分自身を知ろうとすることの必要性〜互いの鏡となる〜いかに自分に向かい合うか〜全員に課される条件と個別に課される条件〜規則〜人それぞれの主要な特徴〜自分は無であることの自覚〜「ワーク」の真似ごとと自己満足〜正真な取り組みは人に夢を見させない〜先に進むことをはばむバリア〜自分を偽る傾向との闘い〜嘘と恐れ〜余計な努力のみが人を変えうる〜エネルギーの蓄積器〜機械的にしか頭が動かない現状では感情は思考にまさる〜あくびと蓄積器〜笑とあくび〜高次のセンターには二元的な対立がない

 

第十二章:グループでの取り組み〜人が生活で演じる役〜慣れた役から離れて自分を見る〜居心地の悪さに慣れる〜心の静けさへのこだわりを捨てる〜人について学ぶ必要性を認めることの難しさ〜自分の主要な特徴を相手にする課題〜友人たちと話をするという課題〜反発する友人たち〜人はたちまち自分の最善または最悪の部分を見せる〜どんな人がこの取り組みに加わりうるか〜一定の準備〜失望を経ているうことの必要性〜うずきを伴った問いかけ〜「おもしろいやつ」でなくなる〜人のタイプ〜自分の人生について話すという課題〜声の抑揚〜人の本質と人格〜ごまかさないこと〜ウスペンスキーの不満〜生の反復に関する質問〜人格と本質を分離する実験〜タイプ/本質と人格/男と女〜性について〜人のあらゆる機械的な行動の原動力としての性〜性には解放に向けての大きな可能性が秘められている〜新しい自分の誕生〜性エネルギーの変容〜性エネルギーの変容〜禁欲は有益か?〜センターの正しい働きとの関係での性の重要性〜人のなkくぁで育ちうる恒久的な重心

HOME