<チェコヴィッチの回想録>
『グルジェフ氏の思い出』 全三編

1921年の出会いより、コンスタンチノープルからフランス、アメリカに至るまでグルジェフと行動を共にし、28年にわたり親密な関わりを維持したチェスラヴ・チェコヴィッチが真情をもって振り返るグルジェフの思い出。

Kindle版  紹介1 紹介2 紹介3  (PDF)  > ストア

P・D・ウスペンスキー『イワン・オソキンの不可思議なる人生』 

P・D・ウスペンスキーがそれまでの人生を振り返って若年時代に書き上げ、グルジェフとの出会いと離別を経て、死を前にして書き改めた処女作(1915年ロシア語版)にして遺作(1947年英語版)。二つの版からの二通りの結末を収録。その思想の出発点と帰着点を明らかにする。

Kindle版 2020年10月発行予定。

郷 尚文『覚醒の舞踏 グルジェフ・ムーヴメンツ』

2001年に発行の単行本でKindle版もあり。グルジェフが弟子たちに教えた舞踏・体操である「ムーヴメンツを包括的に扱った初めての本。  ストア

郷 尚文『グルジェフ総論:エニアグッラム』

グルジェフの理論に基づくエニアグラムの決定的な理解とイチャーソに由来する「九つの性格」のエニアグラムの根拠の解明。 見本版(第一章 PDF) |  ストア

郷 尚文『グルジェフ総論:グノーシス』全二巻

ユダヤ/キリスト教の源流および秘境的キリスト教と結びついた、回帰への衝動に導かれた魂の系譜、グノーシスの潮流との関係をもってグルジェフを論じる。 ストア: 第一巻 第二巻

郷 尚文『グルジェフ総論:三つのセンター、三つの体』

三元的なる人間の本質をめぐる瞑想もしくはハードボイルドロマン。 紹介