覚醒の舞踏 グルジェフ・ムーヴメンツ 創造と進化の図絵

郷 尚文――著   市民出版社――発行 343ページ 単行本 2,484円 (税込)

グルジェフ・ムーヴメンツを包括的に描写した世界で唯一の本です。

単行本 Amazon ストア

 単行本 

アルメニア生まれの覚醒の師、グルジェフが
弟子たちに伝えた、 東洋起源の舞踏の数々。
精緻な設計を与えられたそれらの舞踏は、
踊り手と観客とを覚醒した意識状態に導くとともに、
宇宙と人間の動きの秘密を動きのなかで呈示する。

日常的な知覚ではそのすべてを把握しきれない
動的な均衡の世界を支配する数学性と規則性のなかには
現代科学の発見とのあいだの意外な相似性が見いだされる。
グルジェフの死後五十年を経て
長らく門外不出とされてきたこれらの舞踏の謎に迫る。


第一章 グルジェフ・ムーヴメンツとはなにか

主観芸術と客観芸術

ムーヴメンツの概要

映画に収録された六つのムーヴメンツ

レパートリーの概観

ムーヴメンツの学習

右腕を覚えているエクササイズ

第二章 グルジェフの生涯とムーヴメンツ

モスクワとペテルスブルグでの活動

エッセントゥキとチフリスでの集中訓練

ロシア脱出/トルコからヨーロッパへ

プリオーレ初期/パリとニューヨークでのムーヴメンツ公演

グルジェフの自動車事故/『全体とすべて』の執筆

後期パリでのワーク/「三九シリーズ」のムーヴメンツの創作

第三章 ムーヴメンツとの出会いと探求の始まり

現実から始める

意識ゆえの苦しみと無意識ゆえの苦しみ

身体からのアプローチ

簡単なエクササイズの紹介

第四章 二つの世界の狭間――注意力の分割と自己想起

自己想起

三つの世界

アイ・ミー・アム

ムーヴメンツからのアプローチ
 旋回と回転――第十八番「無題」より
 複合的なパターンの調和――第四番「エッセントゥキの祈り」より
 思考と動作と感覚の並行処理――「指先ダーヴィッシュ」より

第五章 身体のアルファベット――六つの必修エクササイズ

第一オブリガトリ「アルファベット」

第二オブリガトリ「最初のマーチ」

第三オブリガトリ「前進のマーチ」

第四オブリガトリ「カウンティング」

第五オブリガトリ「ノート・ヴァリューズ」

第六オブリガトリ「マズルカ」

第六章 エネルギーと意識の身体――目に見える身体の背後へ

最初の要請に応える

複数の身体

体験の諸相

物理的身体の束縛と可能性

エネルギーの身体

意識の作用

七章 複雑な機械――脳と身体のサイバネティクス

二つの本性

三脳の生き物

センター

センターの誤用

センターの接続形態

三つのオクターブ

第八章 創造と進化の図絵――動きと姿勢の宇宙的文脈

身体の言語

身体の各部とその意味

オクターブとショック

法則からの意図的な逸脱

エニアグラムの舞踏

マルチプリケーション

第九章 グランド・アンサンブル――万物の照応と協働

有益な対立

マックスウェルの悪魔

オートマトンとフラクタル

創造の流れの奇妙な屈曲

人間の立場

ふつうではない舞踏