山本 智子 (Atimoda)
sho Tara Meditation Center
代表 | メール


ムーヴメンツについて

「エッセントゥキの祈り」

ムーヴメンツを映画や公演で見たことのある人は気づいたかと思いますが、ムーヴメンツには個人ダンスとグループダンスがあります。グループダンスというのは、名前のとおり、ひとつのグループとして、ダンスをします。つまり、各人が全体のなかで別々の役割を演じるダンスのことです。

多くのグループダンスのなかで、私がとくに愛しているのは「エッセントゥキの祈り」と呼ばれているものです。これは曲のほうがが先にでき、ムーヴメンツはあとから作られました。とても美しい曲です。

想像できるでしょうか、その最初のパートでは、右腕では一定のリズムを常にキープし、左腕は滑らかな動きをキープします。足には足のリズムがあり、頭にも頭の動きがあります。カウントもしています。そして、このパートが終わると、また別の動きへと移っていきます。

こう書くと何か面倒なような気がするかもしれません。その動きのなかに入り、慣れるまでは、ちょっとした興奮と混乱があります。そして落ち着いてくると、内側での発見があります。 この全体の動きを見ているのはだれなのか、その動きのなかにくつろぐのはだれなのか、というようなことです。

私がムーヴメンツを学びだしたとき、幸運なことに、私にはすでにマスターと呼べる人がいました。すでに何かを見つけた人、存在そのもののなかにくつろぐ人、慈悲を知っている人として、道の途中にいる私を励ましてくれる人と出会っていたということです。

そのことが助けになり、ムーヴメンツがもたらすもの、またその向こう側にあるもの、今ここにいるという感覚、などが自然なこととして受け取られました。

私ひとりでは経験できないこと、多くの人がいるからこそ経験できること、そうしたものを知りました。

曲がもたらす印象、動きのなかで沸き起こる感情、そして見守ること、全体のなかの私という感覚、そのどれもが大事です。

繊細なエネルギーにオープンでありながら、ダイナミックな流れに身を任せている。男性的なものと女性的なもの、天に近いものと地に近いもの、というように、エネルギーがブレンドされ、何か新しいものが生まれる感覚があります。

残念なことに、いつの時代にも、私たちが受け取ることができるのは、物事の断片です。

グルジェフが残したものが完全な姿でこれから先も残るとは考えられませんが、学ぶチャンスは消えないでしょう。

革命前の動乱のなか、「エッセントゥキの祈り」は作曲されました。そして、グルジェフ自身もまたこの曲を愛したと聞いています。

* * *

「ニュートラルに立つ」

ムーヴメンツは、ニュートラルに立つことから始まります。

ただまっすぐに立つということなのですが、ふつう、私たちは日常生活のなかでは、そういうふうには立てていません。

まず試してみることとして、鏡を使うか、または人に見てもらうといいでしょう。

少しだけ間隔を開けて足をそろえて立つ、腰を両足の上に安定させる、背中は自然にまっすぐにする、首と頭は自然にまっすぐになった背骨の上に安定させる、視線を正面を向けて広い視野を持つ。

両足に均等に体重が乗っているか、両腕は自然にまっすぐ体側に降ろされているか、胸はそらすのではなく、ただまっすぐ開いているか。緊張して姿勢を正そうとするのではなく、体の中心に細い糸のようなものがあり、糸がそれぞれまっすぐのラインを描いているのをイメージしてみる。足の裏は大地につながり、頭頂は天から引っ張られているかのように、すっと立つ。常に意識は、自分自身の内側と外側に対して均等に保つ。これらのことを独立した部分としてではなく、ひとつのボディとして全体を包み込むものを感じながらします。呼吸は自然に起こっています。

これらのことに気づきながら、まっすぐに立つなら、自分自身のなかで起きている色々なことに気づきます。どこに緊張があり、どこが緩んでいるか、自分がまっすぐだと思っていた体のラインがじつは違っていたなど、色々な体の癖にも気がつきます。

そして、少しだけ動いてみます。その動きは、ポール・レップスが、Zen Flesh, Zen Bonesという本のなかで書いているとおりの動きです。

「バランスは機械や帳簿の要件であり、舞踏家や運動選手にとっての重要課題だ。各種の技は、中心を知ること、バランスを知ることで活きる。これはアウェアネスのこつでもある。ためしに、両足に均等に体重を置いて立ってみなさい。そして右から左、左から右へとわずかに体重を移してみる。バランスをつうじて中心を知ろうとするなかで、あなたはみずからの中心を見いだす」

右、左とゆっくり体重を移動してみます。

そしてだんだんに、自分で真ん中といえる場所の感じをつかみます。

その真ん中のところでは、慣れない感じがします。ぞっとするような感じもあります。気が遠くなると感じることもあります。

しばらくそういうことを感じながら、そのなかに留まっていると、何もない感じのなかに何か別のくつろぎが起こるのがわかるときがあります。

そして、起こっていることを、じゅうぶんに味わいます。

それがニュートラルに立つということです。

止まっているのですが、いつでも、どんな動きにも入っていける、バランスの整ったポジションです。

* * *

「体重移動」

ニュートラルに立つことに慣れたなら、次に、自分がしがちな癖を見直してみます。

私たちは知らないうちに何をしているでしょう。

髪にふれる、眼鏡をかけなおす、手・足の指先を動かす、鼻をすする、せきをする、じっとしていられなくてもぞもぞする、何か質問したくなる、頭のなかで起こる連想に巻き込まれる、など、数えきれないことが起こります。

ただ立つ、ということを頭では理解しますが、すぐには体では表現できません。

ときには、体は静かに見えても、頭のなかは他のことでいっぱいになっています。

体は、物事を考えている私とは無関係に動きたがることもあります。

起こっていることのうち、まずどれかひとつに意識を向けてみます。

その動きは何を主張しているのか、何を邪魔しようとしているのか。

おおむね、私たちのマインドは新しいことに抵抗しようとします。

いちばん大きく聞こえるのは、「どうして」、「いやだ」という言葉ではないでしょうか。

「どうしてこんなふうに動く必要があるのか」、「じっとしているのはいやだ」とかいうような声です。

自分でムーヴメンツを学ぼうと決めたのにもかかわらずにです。

つまり、私たちには、まだ物事をなすだけの強さがないということに気づくことからスタートします。

最初は、じっとしていよう、という意志が必要ですし、新しいことをしてみようという興味も必要です。

そして、動きを加えてみます。

その場で足踏みをしてみます。最初は、いつもの自分のやりかたで、たぶん、ひざを上げてしているでしょう。右、左、右、左と、いつもするやりかたを続けてみます。

次は、与えられた指示に従ってやってみます。ひざを左右交互に上げるのではなく、体重を左右に移すということに注目します。するとまったく別の動きになります。

ふだん、私たちは、股関節から足だけを動かしていることが多く、腰のあたりで動きを制御しがちですが、じゅうぶんに体重を移動させた足踏みでは、右半身、左半身がそれぞれに足につながっている感覚があります。

これを続けていると、エネルギーが両足からセックスセンターをとおり、胸のあたりで出会い、頭頂へと抜ける感覚があります。垂直のショックがありますが、それを全身でじゅうぶんに感じます。

これができていれば、力強いステップのときも、あまり足音はしませんし、体も前後左右に大きく揺れることなく、地面を踏みしめることができます。それでいながら、左右にシフトする衝撃が全身を突き抜けています。

ニュートラルに立つ、体重移動によるステップを踏む、気をそらすような体の癖に巻き込まれない、これらのことが、実際にムーヴメンツに入っていく前、またムーヴメンツのなかで求められる基本となります。

もうひとつつの基本はムーヴメンツに対してオープンでありたいという願い、私、という小さなものをおおいなるものに対して開こうとする勇気だと言えるでしょう。

ムーヴメンツを美しく踊る、テクニックを覚えるということより、ムーヴメンツがもたらす感覚や新しい発見に対して自分を開くことのほうが大事だと思います。ムーヴメンツそのものから学ぶという姿勢が必要だと思います。