グルジェフ

道の始まりにたどり着くまで

P・D・ウスペンスキー『軌跡を求めて』第十章より

初めての人が何人も出席していたミーティングでのことである。そのなかのひとりが「道は何から始まるのですか?」と尋ねた。その人は「四つの道」に関するGの説明 を聞いたことがなく、一般に理解されているような宗教的もしくは神秘的な意味で「道」という言葉を使ったのだった。

「道という考えを理解しようとするうえでいちばん問題となるのは、人々はふつう、道は生活と同じ高さ(レベル)から始まると思っていることだ」と、「道」という言葉を強調しつつ、Gは言った。

「これはまったくもって誤っている。道はそれとは別のところ、それよりずっと高いところから始まる。まさにこれこそ人々がなかなか理解しないことである。道の始まるところにたどり着くことが、実際よりも簡単で単純なことと思われている。これについて説明しよう。

人は生活のなか、偶然の法則に翻弄され、やはり偶然に支配された二種類の影響のもとにある。

第一の影響は、生活のなか、あるいは生活そのものによって作り出される影響である。それには、民族、国家、地方、気候、家族、教育、社会、職業、礼儀作法、習慣、貧富、時代の風潮などから生じるいろいろな影響がある。第二の影響は、生活の外で作り出された影響、すなわち別種の法則のもとで人類の内的サークルによって作り出された影響、理解する者が限られた教え からの影響である。これら第二の影響は第一の影響と異なる。なによりもまず、それらはその起源において意識的なものであったのだから。つまり、それらは元をたどるなら、しかるべき目的のために、意識的な人たちが、意識的に作り出したものだった。それらの影響はふつう、宗教的な体系や教え、哲学思想、芸術作品などに埋め込まれている。

それらの影響は、しかるべき意図をもって人々の生活のなかに投入された後、第一の影響と混ざり合うに至ったものである。それらの影響が意識的なものであったのは、その起源においてのみ、ということを覚えておかなければならない。生活の渦中に投入された後、それらの影響は、多勢を決める偶然の法則に従って、機械的に作用しだす。つまり、ある人には有効でも、別の人には無効かもしれない。ある人には伝わっても、別の人には伝わらないかもしれない。生活のただなかで人から人に伝わったり、解釈されたりするうちに、改変や歪曲を受け、第二の影響はやがて第一の影響に変わる。つまり第一の影響のなかに埋もれてしまう。

これについて考えてみるなら、生活のなかで作り出された影響と生活の外で作り出された影響とを区別するのは、われわれにとっては、そんなに難しくないことに気づくだろう。あれこれの影響を羅列して、第一の影響と第二の影響の一覧をこしらえるというようなことは、できようがない。必要なのは理解である。すべてがこの理解にかかっている。道の始まりということについて話しているのだった。道の始まりは、まさにこの理解、二種類の影響を区別する力にかかっている。もちろん影響の分配は平等ではない。生活の外で作り出された影響をある人は多めに受け取り、ある人は少なめに受け取り、ある人はそんな影響からほとんど隔離されている。だが、こうしたことは変えようがない。これもまた運命である。ふつうの条件下でふつうに生活するふつうの人に関しておおまかに見るなら、状況はだれにとってもほぼ同じである。もっと正確に言うなら、だれにとっても状況は厳しい。なにが難しいかというと、二つの影響を分けるのが難しい。もしも人が、二種類の影響を分けないなら、つまりその間にある違いを見たり感じたりしないなら、当人に対する両者の作用は似たものとなる。つまり、どちらも同じレベルで同じように作用し、同じような結果をもたらす。だが、あれこれの影響を受け取るなか、二種類の影響を区別し、生活の外で作り出された影響を別に取り分けることをいったん始めたなら、区別をつけるのはだんだん容易なこととなり、人はやがて、生活の外で作り出された影響と生活からのありふれた影響を取り違えることはなくなる。

生活の外で作り出された影響から生じた結果は、人のなかで、ひとつにまとまったものとなる。人はそれらを、ひとつにまとまったものとして思い、ひとつにまとまったものとして感じる。それらは人のなかでひとつの世界を形成しだす。当人は、なにがなぜどんなふうに起きたのか、うまく説明できないか、おかしな説明しかできない。それでもよい。大事なのは、いま述べたような影響から生じた結果は、人のなかでひとまとまりとなり、時間がたつにつれ、それは磁力を帯びた中心、『磁力センター』とでも呼ぶべきものとなり、それは同じような影響を引き寄せることで、もっと成長するということである。この磁力センターがじゅうぶんな栄養を受け取り、生活からの影響でできた当人の人格が強くそれに抵抗しないなら、磁力センターは当人の方向性に影響を及ぼしだし、彼の向きを変え、特定の方向へと進ませることまでする。磁力センターがじゅうぶんに力を増し、発達を遂げたなら、当人は道という考えを理解し、道を探し求めるようになる。道を探し求める過程は何年にもわたることもあれば、どこにも行き着かないこともある。それは条件や状況しだいでもあり、当人の磁力センターの強さと、道を見いだす可能性が生じたまさにその瞬間に当人の気をそらすかもしれない、この探求と関係のないあれこれの内的な傾向の強さや方向性しだいでもある。

磁力センターがうまく働き、当人が本気で探し求めたなら、あるいは、たいして探し求めないでも、感じるべきものを感じるようになったなら、その人は、道を知っているだれかと出会うかも知れない。それはつまり、偶然の法則の外にあって、その人の磁力センターの形成に寄与した各種の教えの源泉であったところの拠点(センター)とじかに、または別の人を介して結び付いただれかである。

これに関してもいろいろなことがありうる。だが、それについては後から話そう。とりあえずは、ほんとうに道を知っていて、彼を助ける用意のあるだれかに出会ったとする。彼はみずからの磁力センターを通じてその人物からの影響を受ける。そしてこのとき、この人物は彼を偶然の法則から解き放つ。これぞ理解しておくべきことだ。道を知る人からの影響は、第一の影響と第二の影響のどちらとも異なる特別な影響である。なによりもまず、それは直接に作用する意識的な影響なのだから。第二の影響はその起源においては意識的なものだったが、それは人々の生活の渦に投げ込まれ、生活が作り出す影響と混ざり合い、偶然の法則の支配を受ける。第三の影響は、けっして偶然の法則の支配を受けない。それはそれ自体が偶然の法則の外にあり、その働きも偶然の法則の外で生じる。第二の影響は、本や哲学体系や儀式を通じて伝えられうる。だが、この第三の影響は、実際の接触を通じて、人から人にじかに伝えられるしかない。

道を探し求める者が道を知っている者に出会うことを、最初の段への到達、あるいは最初の一歩という。その最初の段から階段が始まる。『生活』と『道』との間にこの階段はある。この階段を昇りきったところで、人は『道』に入る。これも覚えておくべきこととして、人は自分の案内人となってくれた人に助けられ、この階段を昇る。一人でこの階段を昇ることはできない。階段を昇りきったところで、ようやく道が始まる。つまり、階段が尽きるところ、人が生活を営むよりずっと高いところに最後の段があり、その先で道が始まる。

だから、何から道が始まるかという質問には答えようがない。道は生活のなかで人がまるで知らないものから始まるのだから、それが何であるかを言うことができない。ときに次のようなことが言われる。階段を昇っているあいだ、人はなにに関しても確信を持てない。彼はすべてを疑うかもしれない。自分の力、自分の方向性の正しさ、自分の案内人、彼の知識と彼の力。それなのに、いまのところ自分が得たものはまるであてにならない。階段をかなり上まで昇った後も、いつころげ落ちるかわからず、そのときには最初からやり直すしかない。だが、最後の段を越えて、道に足を踏み入れたとき、このすべてが変わる。第一のこととして、自分の案内人に対して抱いていた疑いはみな消え失せる。それと同時に、案内人に頼ることの必要性は前に比べてずっと低くなる。多くの面で彼は自立することもできるようになり、自分がどこに向かっているかを自分で知ることができるようにもなる。第二のこととして、自分の取り組みの成果を以前ほど簡単に失うことはなくなり、彼はもはや、ありきたりの生活に戻りえない。たとえ道を離れることになっても、もはや元のところには戻れない。

『階段』と『道』について、一般的な話として言えることは、このぐらいだ。『道』にはいろいろあるからだ。それについては前に話した。それに、第四の道では、他の道では課されることがない特別な条件が課される。第四の道で階段を昇るにあたっての条件は、自分のいる段にだれかを引き上げないと、自分を次の段に進ませられないということだ。そうして引き上げてもらっただれかも、別の人を自分のいる段に引き上げないと、自分を次の段に進ませられない。そこで、高く昇れば昇るほど、自分の後についてくる人たちに依存することになる。彼らが停まるなら自分も停まる。道を行くようになってからも、同じような状況が生じうる。人はなにか、たとえば特殊な力を得た後で、他の人たちを自分のいる高さまで引き上げるため、その力を犠牲にするかもしれない。取り組みを共にする人たちが彼と同じ高さまでたどり着けたら、彼は自分が犠牲にしたものをみな取り戻す。だが、彼らがついて来れないなら、彼はその力を永遠に失うことになりかねない。

理解する者が限られた教えの拠点(センター)との関係における教師の立場もいろいろでありうる。彼はそのような拠点をよく知っていることもあれば、少しばかり知っているだけのこともある。教師は、その正確な所在地のほか、そこから知識や助けを得る方法まで知っていることもあれば、そんなことはまるで知らず、たんに自分に知識を授けてくれた人のことを知っているにすぎないこともある。ほとんどの場合、人は最初のうち、自分がいるより一段だけ高いところまでしか見えない。自分が成長するにつれ、もっと遠くを見れるようになり、自分の知ったことの源がどこにあるのかわかりだす。

教師の役割を引き受けた人間の取り組みの成果は、彼が説く教えの源泉について彼が正確なことを知っているかどうかに依存しない。だがそれは、彼が説いているのはほんとうに、理解する者が限られた教えの拠点からの教えなのか、彼自身がそれを理解しているのか、理解する者が限られた教えの拠点からの教えを彼は見分けられるのか、すなわち主観的な科学思想や哲学思想と客観的な知識を彼は区別できるのか、ということに、とても大きく依存する。

以上、正しい発達を遂げた磁力センター、正しい案内人、正しい道ということを前提に話をしてきた。だが、おかしなかたちで磁力センターが形成されることもある。それは分裂している、つまり矛盾をはらんでいることがある。また、磁力センターには、第二の影響を装って生活のなかで作り出された第一の影響や、もともと第二の影響だったがあまりにも質を落としたので逆の性格を帯びるまでになったものが入り込んでいることがある。そのようなためにおかしなかたちで形成された磁力センターは、人に正しい方向性を与えられない。おかしなかたちで形成された磁力センターの持ち主も、道を探し求め、教師を名乗る人に出会うことがあり、自分は道を知っている、偶然の法則の外にある拠点とのつながりがあると、その人は言うだろう。だが、じつのところ、彼は道を知らないかも知れない。そのような拠点とのつながりなどないかもしれない。これにも、いくつかの可能性がある。

(一)その人はまったく勘違いしていて、じつはなにも知らないのに、知っていると思い込んでいる。

(二)その人は別のだれかを信用しているが、そのだれかも勘違いしているのかもしれない。

(三)その人は故意にでたらめを説いている。

道を探している人がそんな人物を信用するなら、その人物は彼を約束とは違うとんでもない方向に導いたり、正しい道からひどく離れたところに連れて行ったりし、正しい道から得られる結果とは正反対の結果を彼にもたらすかもしれない。

だが、幸いなことに、そうしたことが起きるのはとてもまれである。というのも、誤った道は数え切れないほどあるが、その大多数は、人をどこにも導かない。自分がどこかに向かっていると思いながら、同じところで堂々巡りするばかりである」

「どうやったら誤った道を見分けられますか?」と、だれかが聞いた。

「どうやって見分けるかか?」とGは言った。「正しい道を知らないなら、誤った道を見分けようがない。どうやって誤った道を見分けるかなどと心配してもなんにもならない。どうやって正しい道を見つけるかを人は考えるべきである。先ほどからずっとその話をしてきた。二言、三言で答えられることではない。だが、私がこれまでに話したことのすべてと、そこからわかるはずのすべてのことに心を向けたなら、あなたはこれまでの話から、多くのあたりまえの結論を引き出すことができるだろう。たとえば、教師はつねに生徒のレベルに見合ったものとなる。生徒のレベルが高ければ、教師のレベルも高いものとなりうる。だが、格別にレベルが高くない生徒は、とても高いレベルの教師を得ることをあてにしてはならない。実際のところ、生徒には、教師のレベルがわからない。これは法則だ。だれであれ、自分より高いレベルにあるものに対しては目が利かない。ところが、人はふつうこれを自覚しないどころか、レベルの低い生徒ほど、レベルの高い教師を求める。これを正しく理解できる人は、もうかなりのことを理解している。だが、これを理解する人はめったにいない。ふつう一銭の値打ちもないような人が、自分はイエス・キリスト以外の何者をも師と認めないなどと言う。それ未満の教師では不足だということだ。彼には思いもよらないことながら、もしも福音書に描かれているとおりのイエス・キリストにめぐり合ったとしても、そんな師についていくのは、彼にできることではない。イエス・キリストの弟子となるには、使徒たちのレベルに達していなければならない。これは厳正な法則である。教師のレベルが高いほど、生徒にとっての困難が増す。師弟の間でのレベルの違いが一定の限度を越したなら、弟子が道を歩むうえでの困難は、克服不能なものとなる。第四の道での根本的な規則のひとつは、まさにこの点を考慮している。第四の道においては、たんに一人の人物を教師と見るのではないということだ。だれであれ、経験においてまさる者は、教師である。そして、生徒にとって教師は不可欠であるように、教師にとっても生徒は不可欠である。生徒は教師なしではやっていけず、教師も生徒なしではやっていけない。これは一般的な考慮事項といったようなものではなく、人間の上向きの動きの法則と結び付いた不可欠の具体的な規則である。先に述べたように、自分のいるところにだれかを引き上げないことには、だれも自分を次の段まで進められない。人はなにかを受け取ったら、すぐにそれに応じたものを与えなければならない。それをしてはじめて、さらに多くを受け取ることができる。これをしない人からは、前にもらったものまで取られてしまうことになる」