グルジェフ・ムーヴメンツ エニアグラム 創造と進化の図絵

グルジェフ

グルジェフ 創造と進化の図絵 ポータル

英語版・拡張版  English pages

 → gurdjieff-osho.namaste.jp

イントロダクション

プログラム案内

ムーヴメンツ

グルジェフ全集ほか

グルジェフの生涯

グルジェフ世界紀行

2022年~2023年

キャサリン・マンスフィールドから百年

解説・リンクと写真集

『グルジェフ総論:メソテリック』 ペーパーバック Kindle

『マンスフィールド作品集(一)カローリの思い出』 ペーパーバック Kindle

『マンスフィールド作品集(二)ドイツの療養宿で』 ペーパーバック Kindle

『マンスフィールド作品集(三)<幸せの極み>ほか』ペーパーバック Kindle

……以降順次……

(画像をクリックすると各巻の解説へジャンプ)

グルジェフ総論 メソテリック キャサリン・マンスフィールドの正体と作品 キャサリン・マンスフィールド 作品集1 カローリの思い出

キャサリン・マンスフィールド 作品集2 ドイツの療養宿で キャサリン・マンスフィールド 作品集3 〈幸せの極み〉ほか

キャサリン・マンスフィールド 作品集4 〈死んだ大佐の娘たち〉ほか  

2022年 イグナチオから五百年

イグナチオ~デカルト~グルジェフ

内的エクササイズとアイ・アムの知られざる系譜

解説・リンクと写真集

関連書

グルジェフ総論:ブッダとイッサ』:イグナチオ(デ・ロヨラ、イグナチウスともいう)の内的エクっサイズと、それを特徴づける自身への立ち返り。

グルジェフ総論:三つのセンター、三つの体』:イグナチオの内的エク座サイズとデカルトのアイ・アム。その結びつきをうかがわせるデカルト『瞑想録』の内容と、近代理性の父と呼ばれるデカルトの、少年時代よりイグナチオの内的エクササイズに親しんだ神秘家・瞑想家としてのデカルトの側面、〈理性〉という概念そのものの秘教的な起源と文脈をめぐるグルジェフの理解と、それとは対照的なものである〈理性〉に対するカントの反発とウスペンスキーの同調。

グルジェフ総論:エニアグラム』とマンスフィールド作品集:イグナチオに発するイエズス会の現代の会士やカトリックの教師によるエニアグラムの扱い。その理解を大きく制限し、浅はかなものとする要因としての、人間の〈平等性〉をめぐる一面的で平板な見解。その制限を打つ破る、人間にとっての理想としてあるべき外的な事項をめぐる相互間の平等と、それと混同されうべきではない、人間の内的自由と不可分のものである相互間の内的不平等もしくは内的な存在における個人間の大きな違いに関しては、キャサリン・マンスフィールドが作品中で提供する洞察が見事である。最初期の作品である『男爵さま』(作品集2に収録)にも、おそらくもっとも知られた作品である『園遊会』(作品集1に収録)にも、これをめぐる正真なまなざしがある。さらに、マンスフィールドは、グルジェフ総論:エニアグラム』で主題として扱った〈生存の論理〉と〈成長の論理〉の対立する関係が、家族のなかや男女の関係ののなかで、どのようなあらわれをするか、そこで人はいかなる選択をしうるかを、数々の作品で描いた。

グルジェフ『生は〈私が在る〉ときにのリアルである』、『ミーティングの記録』:グルジェフがで教えた内的なエクササイズの背景と内容。

『グルジェフ総論:グノーシス』上巻下巻:歴史のなかで往々にして異端とみなされつつもキリスト教との関係で伝達され、隠れた潮流として一定の支持を集めてきた正真な理解の系譜とグルジェフの結びつき。

イントロダクション

イントロダクション 10 min.

グルジェフの探求とムーヴメンツ 11 min.

プログラム案内

西宮・甲陽園パインウッド(地図)でのプログラム

Oshoに由来する体の動きや呼吸や方らへの働きかけを含んだメソッド、グルジェフに由来するムーヴメンツと内的なエクササイズほか。年間のうち主催者が日本にいる期間に限定。問い合わせは常時受付。

 

■ Oshoメディテーション&ディスコース for introduction & remembering

日曜午前10時、平日午後4字半から。11時間半程度。 1500円。要予約。マイルドなアクティヴ・メディテーション+各種の主題を扱ったオーディオまたはビデオ・ディスコース。通訳あり。Osho Tara共催

 

受付:山本 智子 atimoda.atmo@gmail.com 090-1226-2461

 

■ ムーヴメンツほかグルジェフに由来するメソッド/アプローチの紹介

西宮・甲陽園での定期的または時期を限っての参加、あるいは三日間前後のムーヴメンツ合宿への参加。いずれの場合も、原則として、最初に対面による個別の面談を要します。自身に関するある程度の記述を含めたメールで問い合わせてください。 

受付:郷 尚文 plavan.go@gmail.com

主宰 郷 尚文 (Plavan) & 山本 智子(Atimoda

複数日にわたるプログラムに遠くから参加の場合、
会場に若干名の宿泊可(1泊3千円)。近くにホテルあり。
ホテル 中寿美花壇 0798-74-6121 予約サイト

ムーヴメンツ

覚醒の舞踏 グルジェフ・ムーヴメンツ

アルメニア生まれの覚醒の師、グルジェフが

弟子たちに伝えた、 東洋起源の舞踏の数々。

精緻な設計を与えられたそれらの舞踏は、

踊り手と観客とを覚醒した意識状態に導くとともに、

宇宙と人間の動きの秘密を動きのなかで呈示する。

 

日常的な知覚ではそのすべてを把握しきれない

動的な均衡の世界を支配する数学性と規則性のなかには

現代科学の発見とのあいだの意外な相似性が見いだされる。

グルジェフの死後五十年を経て

長らく門外不出とされてきたこれらの舞踏の謎に迫る。

 

>> Rakuten Kono Amazon

日本にて (1997-2004)

Osho Communeにて (2001)

トルコにて (2019)

グルジェフ全集ほか 出版案内

グルジェフ全集

グルジェフ全集

P・D・ウスペンスキー

P・D・ウスペンスキー『奇跡を求めて』ほか

グルジェフ総論シリーズ

 

グルジェフ総論シリーズ

キャサリン・マンスフィールド

キャサリン・マンスフィールド

Amazon ペーパーバック & Kindle版:全タイトルのペーパーバック版とKindle版。ペーパーバック版は、ほとんどのタイトルについてマガジンスタイルの大判型を採用し、大きめのフォントサイズと読みやすいレイアウトを実現。

グルジェフ ベルゼバブが孫に語った物語 ペーパーバック版  

見本版(『ベルゼバブ』第一章)PDF

Googleからはグルジェフ全集のEPUB版を販売。Google Playブックスアプリ(for Android, for iOS)で読みます。Android端末での読み上げに対応

読み上げデモ

『奇跡を求めて』

Rakutenブックス からはグルジェフ総論シリーズのEPUB版を販売。各種の端用に用意されたRakuten Koboアプリで読みます。

グルジェフ全集

 

グルジェフ初期文献集

>  ペーパーバック Kindle

『グルジェフ著作集 全体とすべて

『ベルゼバブが孫に語った物語』物語の紹介新訳版の背景

見本版(PDF)   ペーパーバック Kindle Google

『注目すべき人々との出会い:』

ペーパーバック Kindle Google

『生は<私が在る>ときにのみリアルである』

ペーパーバック Kindle Google

 

グルジェフの前期の活動に終止符を打った問題作

『来たるべき善きものの先触れ』

ペーパーバック KIndle

 

講義録・ミーティングの記録

『グルジェフ講話録 1917~1931』

ペーパーバック iKindle

『グルジェフ ミーティングの記録 1941~1946

ペーパーバック  Kindle

 

遺稿の発見によりグルジェフの死後50年を経て発表された幻の回想録

チェスラヴ・チェコヴィッチ『グルジェフ氏の思い出: 1920~1949』

ペーパーバック Kindle

 

P・D・ウスペンスキー

 

P・D・ウスペンスキーの生涯と思想の出発点と帰着点

『イワン・オソキンの不可思議なる人生』 

  >ペーパーバック Kindle Google

 

グルジェフのロシア時代の講義と活動の記録:

P・D・ウスペンスキー『奇跡を求めて』 解説付き新訳版

第一部 ペーパーバック Kindle Google

第二部 ペーパーバック Kindle Google

第三部 ペーパーバック Kindle Google

 

郷 尚文 グルジェフ総論シリーズ

 

『覚醒の舞踏 グルジェフ・ムーヴメンツ』(2001

> 単行本 Kindle Rakuten

『グルジェフ総論 エニアグラム』(2017

> ペーパーバック Kindle Rakuten

『グルジェフ総論 三つのセンター、三つの体』(2020

> ペーパーバック Kindlen Rakuten

『グルジェフ総論 グノーシス』(2019

上巻  ペーパーバック Kindle Rakuten

下巻  ペーパーバック Kindle Rakuten

『グルジェフ総論 ブッダとイッサ』(2021内容紹介

> ペーパーバック Kindlen Rakuten

『グルジェフ総論 メソテリック』(2022内容紹介

(キャサリン・マンスフィールドの生涯・作品と男と女の物語)

> ペーパーバック Kindle 

 

キャサリン・マンスフィールド作品集

 

『作品集(一)カローリの思い出』

> ペーパーバック Kindle

『作品集(ニ)ドイツの療養宿で』

> ペーパーバック Kindle

『作品集(三)<幸せの極み>ほか』

> ペーパーバック Kindle

……以降順次……

    Plavan N. Go

    アレクサンドロポルにて

郷 尚文 Plavan N. Go

【略歴】

東京外国語大学卒業後、海外営業職ほかを経てフリーランスの翻訳者となる。一九八八年に『ベルゼバブ』の翻訳を開始し、以後、グルジェフに発する伝達の流れにくみする複数のグループおよび個人と接触をもつ。一九八九年にインドのOsho Commune Internationalを訪れた後、グルジェフに由来する舞踏・体操・エクササイズを集めた「ムーヴメンツ」をめぐる同コミューンでの試みに関与。一九九七年よりムーヴメンツを中心とするプログラムを日本および海外で主導。二〇〇一年に『覚醒の舞踏~創造と進化の図絵』(市民出版社)を発表。二〇一四年にグルジェフ全集、二〇一七年にグルジェフ総論シリーズの発行を開始。

plavan.go@gmail.com

著書・訳書

Gnostic Gurdjieff - Knowing for Being